日本語教師として働くにはアルクの通信講座が一番お得かも




未経験の人が日本語教師として働くには、以下のどちらかが必要だと言われます。

1つは、「日本語教育能力検定試験」に合格すること。

もう1つは、文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」方針に沿った420時間の講座を修了することです。

日本語教育能力検定試験の合格は独学でも可能ですが、多くの人は通信や通学の講座を利用します。

日本語教師は給料が少ないとよく言われますので、できるだけお金をかけずに日本語教師になりたいというのが多くの人の本音でしょう。

そこで、なるべくお金をかけずに日本語教師として働くための方法を考えました。

1.「独学で日本語教育能力検定試験に合格」

最もお金がかからない方法はこれです。参考書や過去問だけを買えばいいので、費用は1万円程度で済むと思います。

ただし、独学にはデメリットもあります。

まず、時間がかかります。特に、日本語教育能力検定試験は情報が少ない試験です。過去問を見ればわかるように、問題の解説は全くありません。自分で答えの根拠を探して勉強しなければならないのです。そのため、情報を集める時間を加えると、合格までにはかなりの時間が必要なのです。

さらに、試験は1年に1回だけです。不合格になったら、また1年後まで待たなければなりません。そのため、今すぐにでも日本語教師として働きたいという人にとっては、不向きです。

簡単にまとめると、独学で日本語教育能力検定試験に合格は、お金はないが時間はある人におすすめです。学生さんなど、じっくり勉強ができる時間のある人に良いのかもしれません。

2.「職業訓練」

「職業訓練(求職者支援訓練)」で日本語教師養成の講座があります。

文化庁認定の420時間養成講座にも対応していることが多いようです。こちらを修了すれば420時間の講座を修了したことになり、すぐに日本語教師として働けます。

職業訓練ですから無料ですし、条件に合えば給付金をもらいながら受講することも可能です。

ただし、私が調べた限りでは、日本語教師の講座が開かれるのは東京などの首都圏が多いようです。

また、開かれる講座の数は少ないです。加えて、応募者が多いので申し込んでも受講できないことがあります。

簡単にまとめると、職業訓練は首都圏に住んでいて、お金はないが時間はある人におすすめだと思います。

3.「日本語教育能力検定試験の通信講座」

通信講座は、アルクの「日本語教育能力検定試験合格パック2019」や「<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」」が有名です。費用は約10万円です。

こちらの売りは、講座を修了した人の合格率が57.4%ということです。日本語教育能力検定試験の平均合格率は23%ですので、平均の約2.5倍です。

また、万が一、試験に不合格だった場合、一定の条件を満たすことで10万円の返金を受け取れる制度もあります。そのため、せっかくお金を払ったのに無駄だった・・・という事態を防げます。加えて、合格お祝い金もあります。

もちろん、こちらを受講したからといって、必ず合格できるという保証はありません。しかし、独学よりも合格できる可能性が高くなるのは間違いありません。

最も恐ろしいのは、長い時間勉強したのにもかかわらず、合格できないことだと思います。実際、なかなか合格できずに受験を繰り返す人もいるようです。

特に、日本語教育能力検定試験は年に一回しか試験がありません。万が一不合格になってしまうと、また来年まで待たなければなりません。

加えて、前にも書いたように、日本語教育能力検定試験は情報が少ない試験です。合格するためには情報をどれだけ手に入れられるかが鍵となると思います。このアルクの講座などを受講すれば重要な情報が手に入りやすいと思います。

簡単にまとめると、「日本語教育能力検定試験の通信講座」は、日本語教育能力検定試験に必ず合格したいという人におすすめです。また、地方に住んでいて、職業訓練や通学の講座に参加できない人にもおすすめです。



4.「通信の420時間養成講座」

通信の420時間養成講座は、私が調べた限り一番安いもので13万円から16万円程度の金額になるようです。私も通信講座を受講しています。

通学よりもお金がかからないのがメリットです。

ただし、「通学が主ではない講座の場合は、420時間以上の研修をしたとは認められない」という法務省の見解もあるようです。

そのため、通信の講座を修了しても、それが認められない場合もあるようです。

5.「通学の420時間養成講座」

こちらの場合はしっかりとした勉強や研修ができると思いますので、日本語教師になるうえで一番適しているように思われます。講座を修了したことが認められやすいでしょう。

ただし、一番の問題は費用が高いことです。年間で50万円以上はかかるところが多いようです。最初に書いたように、日本語教師は給料が低いことが多いです。50万円以上という金額を考えると少しもったいないと思う人もいると思います。

お金に余裕がある人におすすめだと思います。

「まとめ」

以上です。

最もお金がかからない日本語教師になるための方法は、「独学で日本語教育能力検定試験に合格する」か「職業訓練」です。

ただし、「独学で日本語教育能力検定試験に合格する」は、必ず合格できるという保証がありませんし、時間もかかります。また、「職業訓練」も、必ず受講できる保証はありません。

その点、アルクなどの「日本語教育能力検定試験合格の通信講座」は合格率50%ですし、一番お金がかからずなおかつ確実な方法だと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク