Difference between “に(ni)” and “で(de)” in Japanese

助詞の「に」と「で」の違い

I will introduce the difference between postpositional particle “に(ni)” and “で(de)” in Japanese.

スポンサーリンク

Usage of postpositional particle “に(ni)”

1.Direction to move

“に” indicates the direction to move. It is placed after that.

Especially it is often used with the verbs “来ます(come)“, “行きます(go)“, and “帰ります(return)“.

direction to move“来ます”, “行きます”, “帰ります

  • 学校 来ます。I come to school.
  • 仕事 行きます。I go to work.
  • 帰ります。I return home.

And “へ” also means the direction of movement. So basically you can use both “に” and “へ” .

  • 会社 行く(I go to company)= 会社 行く

However, “へ emphasizes “direction”, while “に” emphasizes “arrival point” and “purpose”.

2.Time

“に” indicates the time. It is placed after that.

time

  • 8時 学校に行きます。I’m going to school at eight.
  • 何時 家に帰りましたか。What time did you return home?
  • 土曜日 帰ります。I’ll be back on Saturday.

3.Place where continuous action

”に” indicates the place where continuous action. It is placed after that.

Especially, it is often used with the verbs “座ります(sit),” “乗ります(get on / ride),” and “居ます(stay)“.

place where continuous action“座ります”, “乗ります”, “居ます

  • 椅子 座ります。I sit in a chair.
  • 電車 乗ります。I get on the train.
  • 居ますI stay home.
  • 風呂 入りますI take a bath.

4.Indirect object

”に” is placed after indirect object

 

This is the usage of “に”. Next, I will introduce the usage of “で”.

Usage of postpositional particle “で(de)”

1.Place of activity

“で” indicates the place of activity. It is placed after that.

place of activity

  • 六本木 映画を見ます。I watch a movie in Roppongi.
  • ラーメン屋 つけめんを食べました。I ate noodles at aramen shop.
  • ジム 運動をします。I exercise in the gym.
  • 学校 運動会があります。I have a sports day at school.

2.Means, way, material

“で” indicates “means”, “way”, “material”. it is placed after that.

“means”, “way”, “material”

  • 飛行機 行きます。I will go by plane.
  • 手紙を書きます。I write a letter with a brush.
  • 英語 話します。I speak in english.
  • 小麦粉 うどんを作ります。I make udon noodles with flour.

3.Cause

“で” indicates couse. It is placed after that.

couse

  • 風邪 休みます。I will have a day off with a cold.
  • 事故 入院します。I will be in hospital in an accident.
  • 地震 家が壊れました。My house was destroyed in the earthquake.

Summary

「に」

  1. Direction to move(「来ます」「行きます」「帰ります」)
  2. Time
  3. The place where continuous action(「座ります」「乗ります」「居ます」)
  4. Indirect object

「で」

  1. Place of activity
  2. Means, way, material
  3. Cause


Essential Japanese Grammar: A Comprehensive Guide to Contemporary Usage: Learn Japanese Grammar and Vocabulary Quickly and Effectively (English Edition)

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

言語と社会
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました