助詞の「に」と「で」の違い




助詞の「に」と「で」の違い

助詞の「」と「」の違いを紹介します。

特に方向・場所の用法が似ているので、注意が必要です。

助詞「に」の用法

1.「移動する方向

移動する方向を示します。

特に、「来ます」「行きます」「帰ります」という動詞と一緒によく使われます。

移動する方向「来ます」「行きます」「帰ります」

  • 学校来ます。
  • 仕事行きます。
  • 帰ります。

助詞の「へ」も「に」と同じように、移動する方向を意味します。そのため、基本的にどちらを使っても問題ないようです。

  • 会社行く= 会社行く

ただし、「へ」は「方向」を強調するのに対し、「に」は「到着点」や「目的」を強調する意味があるようです。

世界に類を見ない、放送局が運営する総合的な放送研究機関

「明日、東京へ行く」と「明日、東京に行く」では、意味を伝えるうえでは、どちらを使っても支障はありません。しかし、「へ」を使った前者は「方向としての東京」を示すのに対して、「に」を使った後者には、「ほかのどこでもない、東京」という到着点が強調されるニュアンスがあります。

  • に=移動する方向
  • で=活動する場所

2.「時間を示す」

時間を示します。時間の後に置かれます。

時間

  • 8時学校に行きます。
  • 何時家に帰りましたか。
  • 土曜日帰ります。

3.「持続行為の行われる場所」

持続行為の行われる場所を示します。持続行為の行われる場所の後に置かれます。

特に、「座ります」「乗ります」「居ます」という動詞と一緒によく使われます。

持続行為の行われる場所「座ります」「乗ります」「居ます」

  • 椅子座ります。
  • 電車乗ります。
  • 居ます。
  • 風呂入ります。

4.「間接目的語」

間接目的語の後にも置かれます。

助詞「で」の用法

1.「活動の場所」

活動場所を示します。活動場所の後に置かれます。

活動場所

  • 六本木映画を見ます。
  • ラーメン屋つけめんを食べました。
  • ジム運動をします。
  • 学校運動会があります。

2.「手段・方法・材料」

手段・方法・材料を示します。手段・方法・材料の後に置かれます。

手段・方法・材料

  • 飛行機行きます。
  • 手紙を書きます。
  • 英語話します。
  • 小麦粉うどんを作ります。

3.「原因」

原因を表します。原因の後に置かれます。

原因

  • 風邪休みます。
  • 事故入院します。
  • 地震家が壊れました。

まとめ

「に」

  1. 移動する方向(「来ます」「行きます」「帰ります」)
  2. 時間
  3. 持続行為の行われる場所(「座ります」「乗ります」「居ます」)
  4. 間接目的語

「で」

  1. 活動場所
  2. 手段・方法・材料
  3. 原因

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


初級を教える人のための日本語文法ハンドブック

スポンサーリンク