言語一般

言語一般

上田万年の「P音考」とは

P音考は、帝国大学で博言学の講座を担当した上田万年が唱えた学説です。 1898年に「帝国文学」に発表したもので、国語のハ行の頭子音がかつては両唇破裂音の無声子音 p であったことを論じました。 簡単に言うと、現代の「ハ・ヒ・フ・...
言語一般

宣言的記憶

宣言的記憶は、その内容をイメージできたり、言葉にできたりする記憶です。 陳述記憶とも言います。 英語では「Explicit memory」または「Declarative memory」です。 私たちが一般的に記憶という場合...
言語一般

「走る」は自動詞。他動詞は「走らす」

日本語の「走る」は自動詞です。 例:廊下を走る 自動詞走るの後の「を(廊下を)」は「移動する場所」を示します。 走るの他動詞 走るの他動詞は「走らす」です。 例:筆を走らす 他動詞走らすの後の「を(筆を)」は「動...
言語一般

旅行するの助詞

旅行するの助詞は「を」「に」「へ」があります。 日本を旅行する 日本に旅行する 日本へ旅行する 日本を旅行する 日本のいろいろな場所(東京や大阪、北海道など)に行くという意味があります。 これが一番自...
言語一般

マヨネーズの語種は?

マヨネーズは普段から使う日常的な言葉ですが、日本語教育における「語種」では何になるのでしょうか? マヨネーズの語種を紹介します。 語種とは まず、語種には和語、漢語、外来語、混種語があります。 以下の記事が参...
言語一般

日本語の「使役」のまとめ

日本語の使役文を紹介します。 使役文は、強制などの意味を持つ文です。 使役文の作り方 第1グループの動詞のない形に「せる」、第2グループの動詞のない形に「させる」をつけます。 第3グループの動詞は「させる」「来させる...
言語一般

日本語のアスペクトとは?

アスペクトは、出来事の段階を表します。 出来事が「開始・継続・完了」のどの段階にあるかを表します。 アスペクトの表現は複数あります。 アスペクトの例 開始 出来事の開始のアスペクト表現 ~るところだ ...
言語一般

「~がほしい」に「動作性名詞」は来ない

「~がほしい」には「動作性名詞」は来ません。 たとえば、「旅行がほしい」は間違いです。 これは、「旅行」という名詞が「動作性名詞」だからです。 「~がほしい」の「~」の部分に来る名詞は「一般名詞」で、「動作性名詞」は来ませ...
言語一般

【人称制限】日本語の感情形容詞は一人称だけしか使えない

感情形容詞は、人の感情や感覚を表す形容詞です。 イ形容詞は、嬉しい、楽しい、悲しい、かゆい、だるい、ナ形容詞は、不安だ、心配だ、楽だ、嫌いだなどです。 この感情形容詞は、主語が1人称しか使えないので注意が必要です。具体的...
言語一般

言語的相対論(サピア・ウォーフの仮説)とは

言語的相対論(サピア・ウォーフの仮説)は、言語が人間の思考に影響するという考え方です。 日本語話者と、英語話者では、違った考え方を持つということです。 ちなみに、サピア・ウォーフ仮説は、エドワード・サピアとベンジャミン・リー・ウ...
タイトルとURLをコピーしました