試験まとめ

言語一般

ナ形容詞「同じ」は、名詞を修飾する時の活用の形に注意

通常、ナ形容詞が名詞を修飾する場合、活用は「~な」になります。 きれい→きれいな 本 複雑→複雑な 問題 ナ形容詞の「同じ」は活用が違う しかし、これには例外があり、ナ形容詞の「同じ」は、名詞を修飾する際、活用が「同じな」にはな...
言語一般

「のに」と「けど」の違いは?

日本語の「のに」と「けど」は、どちらも逆接の意味があります。 そこで、「のに」と「けど」の違いを紹介します。 のに 接続:動詞 / イ形容詞 / ナ形容詞 /名詞の普通形 + のに *ナ形容詞と名詞は「なのに」になる...
言語一般

「なら」と「ば」の違いは?

「なら」と「ば」の違いを紹介します。 「なら」 1.聞き手の発言を受け、助言や依頼などをする 聞き手の発言を受けて、助言・依頼、話題、限定します。 助言・依頼 A:コンビニに行ってくるよ。 B:コンビニに...
言語と教育

ハイムズのコミュニカティブ・コンピテンスとは?

コミュニカティブ・アプローチの基盤となった、ハイムズのコミュニカティブ・コンピテンスを紹介します。 おそらく試験にはあまり出ないと思いますが、背景知識として知っていると良いと思いました。 ハイムズとは? デル・ハイムズは、...
言語と教育

テストの作成方式

日本語教師になると、テストを作る機会が必ずあります。 そこで、テストの作成方式を紹介します。 客観テストと主観テスト テストには、客観テストと主観テストがあります。 客観テストは、決まった答えが1つしかないテスト、主...
言語と教育

テストの採点のまとめ-後光効果、ラベリング効果、系列効果、中心化傾向、寛容効果、対比誤差

日本語教育能力検定試験に出る「テストの採点」のまとめです。 日本語教師になるとテストを採点する機会があります。教師も人間ですので、教師の個人的な感情などが採点に影響することがよくあります。 そのため、テストの採点をする際に注意す...
言語一般

助詞「から」の3つの意味

助詞「から」の3つの意味を紹介します。 1.起点(出発点) 場所、時間、人の起点を意味します。 東京 から 大阪に行きます。 会議は10時 から 始まります。 その話は田中さん から 聞きました。 2...
言語と教育

正統的周辺参加、発達の最近接領域とは?

「正統的周辺参加」と「発達の最近接領域」は、状況的学習論の立場に基づく考え方です。 状況的学習論は、学習とは様々な社会的活動に関わることだと考えます。 ちょうど1人で机に向かって勉強するというような、個人的な学習観とは正反対です...
言語一般

「ために」と「ように」の違いは?

日本語の「ために」と「ように」は、ともに「目的」を意味します。 しかし、2つには違いもあります。そこで、「ために」と「ように」の違いを紹介します。 ために 接続:動詞の辞書形 / 名詞 の + ために 1.意志的な動作 ...
言語一般

音読みと訓読みまとめー音読みの種類、異字同訓、熟字訓

日本語には、音読みと訓読みという2つの読み方があります。 たとえば、「山」は音読みでは「サン」、訓読みでは「ヤマ」と読みます。 そこで、音読みと訓読みを紹介します。 音読み 音読みは、中国語の漢字の発音に基づく読み方...
タイトルとURLをコピーしました