試験まとめ一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

女房詞まとめ

試験に時々出る「女房詞(にょうぼうことば)」のまとめです。 「女房詞」とは、室町時代に宮中に仕えた女房たちが使った隠語的な言葉です。その後町人のも広がり、現代でも現代でもよく使われています。 特に、食べ物と体に関する表現が多いです。

NO IMAGE

ダイグロシアの特徴、例

試験によく出るダイグロシアを紹介します。 [toc] ダイグロシアとは? ダイグロシア(二重言語併用)とは、1つの社会で2つの方言または言語を使用する状況です。 日常会話で用いられる言語は、低変種(「L変種」または「low変種」と呼ばれます。

言語処理のトップダウン処理とボトムダウン処理の特徴、具体的な例など

トップダウン処理は、背景情報(文章のタイトルや挿絵、会話の状況など)から、聞いたり読んだりする文章の意味を予測・推測します。そして、その予測を基に検証を行い、正しいかどうかの照合(マッチング)を行います。実際の単語や音よりも予測に頼るのがポイントです。トップダウン処理は言語処理の効果的な方法と考えられています。 

NO IMAGE

バイリンガル教育のまとめ

バイリンガル教育は、バイリンガルの子どもに対する教育、またはバイリンガルの子どもを育てる教育のことです。 [toc] バイリンガル教育の種類 バイリンガル教育には、二言語使用に消極的なバイリンガル教育と、積極的なバイリンガル教育があります。

NO IMAGE

ニューカマーのまとめ

日本語教育能力検定試験によく出るニューカマーのまとめです。 ニューカマーとは? 1970~80年代以降に来日し、長期滞在する外国人のことです。 英語の「newcomer」ですね。 ニューカマーの登場以降、日本語学習者の多様化が急速に拡大しました。

NO IMAGE

ナチュラルアプローチとは?

日本語教育能力検定試験に出る、ナチュラルアプローチを紹介します。ナチュラルアプローチは、1970年代後半から1980年代初頭にスティーヴン・クラッシェン とトレイシー・テレルによって開発された言語教育の方法です。教室での自然な言語の習得を目標とします。そのため、文法の勉強や間違いの修正は重視しません。

グライスの協調の原理とは?

グライスの協調の原理は、イギリスの哲学者・言語学者のポール・グライス(Herbert Paul Grice)が提案した会話の原理です。これは、会話を効率的に進めるために人が暗黙的に従う(または従うべきである)戒律のようなものです。協調の原理には、質の原理、量の原理、関係性の原理、明確さの原理の4つがあります。

異文化シュミレーション(バーンガ、バファバファ、エコトノス、アルバトロス)まとめ

日本語教育能力権手試験によく出る、異文化シュミレーションのまとめです。日本語教師は外国人を相手にするので、異文化コミュニケーションが重要です。実際に経験する機会はないかもしれませんが、知識として知っておくといいかもしれません。

スポンサーリンク