日本語教育能力検定試験とは?

スポンサーリンク

先生イラスト

日本語教育能力検定試験(Japanese Language Teaching Competency Test)は、日本語教育を行う専門家として、基礎的水準に達しているかを検定する試験です。

公益財団法人日本国際教育支援協会が主催し、公益社団法人日本語教育学会が認定しています。

国家資格ではありませんが、合格した人は日本語教師の「有資格者」となります。日本語教師になるための唯一の資格といってよいでしょう。

日本語学校などで働くには、この資格が必要とされることが多いです。

合格率は?

合格率は平均20%台です。難関試験といってよいでしょう。

受験者と合格者数

平成30年度の受験者数は8586人で、合格者は1937人です。

男女比

受験者は女性が多いのが特徴です。

平成30年度の受験者では、女性は4833人、男性は1968人です。

試験の実施される回数は?

試験は1年に一回のみで、10月に行われます。ほかの試験と比べて試験が少ないのも特徴です。試験は全国7都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)で開催されます。

合否発表は、12月の後半です。郵送で来ます。

受験料は?

受験料は10,600 円です(2018年現在)。

出願方法

受験案内を全国の主要書店か、凡人社のオンラインストアで購入します。

定価は400円です。こちらの案内に従って願書を提出し、受験料を振り込みます。

毎年の出願期間は、だいたい6月の後半から8月の中旬までです。

試験範囲

試験は、試験Ⅰ・試験Ⅱ・試験Ⅲの三部構成です。試験Ⅱは聴解試験、試験Ⅲは作文試験があります。

配点は、試験Iが100点、試験IIが40点、試験IIIが100点の合計240点満点です。

範囲は、「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語一般」です。文法、日本語教授法、異文化コミュニケーション、留学生に関する問題など、出題範囲が非常に幅広いのが特徴です。

勉強方法は?

独学と通信や通学講座を利用する方法の2つがあります。

独学での勉強方法

私は独学で勉強して合格しました。独学に関しては以下の記事が参考になります。

今年(2017年度)の日本語教育能力検定試験に合格しました。 正直、試験の出来があまりよくなかったので不合格だと思っていました...

過去問の手に入れ方

日本語教育能力検定試験は過去問が非常に重要です。

過去問は本屋さんに置いてないことも多いので、Amazonを利用すると便利です。以下の記事も参考になります。

試験勉強でよくあるパターンに、いくつか問題集をやっただけで満足してしまうことがあります。 しかし、問題集と実際の試験問題はだいぶ違いま...

参考書

参考書は以下の記事が参考になります。

日本語教育能力検定試験には、試験対策の参考書がいくつかあります。 特に、独学で受験する人は参考書がとても大切です。 そこ...

通信講座

通信講座に関しては以下の記事が参考になります。

未経験の人が日本語教師として働くには、以下のどちらかが必要だと言われます。 1つは、「日本語教育能力検定試験」に合格すること。 ...
おすすめの日本語教育能力検定試験の通信講座を紹介します。 独学で合格するのが一番費用がかかりませんが、時間もかかりますし、合格できる保...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする