言語と社会

スポンサーリンク
言語と社会

ポライトネス理論―ポジティブフェイスとネガティブフェイスとは?

ポライトネス理論は、「人間関係を円滑にするための言語ストラテジー」です。 ブラウンとレビンソンが提案した理論です。 単に言葉遣いの丁寧さだけに限らず、相手の気持ちを重視した、もっと幅広い概念です。 そして、ポライトネス理論...
言語と社会

待遇表現とは?相対敬語と絶対敬語

待遇表現の代表は「敬語」です。敬語には2種類があります。また、待遇表現と似たものにポライトネスという用語もあります。 敬語 1.相対敬語 話題となる人に対して、話をする相手との関係で敬語の使い方を変える用法です。 たとえ...
言語と社会

日本語の方言分布のタイプ

日本語の方言の分布にはいくつかのタイプがあるので、それを紹介します。 1.周圏分布型 中心部(近畿)から同心円状に分布したタイプです。中心部が新しい方言で、外側が古い方言です。 これは、柳田國男が自著『蝸牛考』で提唱し、命...
言語と社会

ダイグロシアの特徴、例

試験によく出るダイグロシアを紹介します。 ダイグロシアとは? ダイグロシア(二重言語併用)とは、1つの社会で2つの方言または言語を使用する状況です。 日常会話で用いられる言語は、低変種(「L変種」または「low変種」)と呼...
言語と社会

ピジン、クレオール、ダイグロシアのまとめ

ピジン、クレオール、ダイグロシアについてまとめました。 日本語教育能力検定試験に時々出題されます。 どれも微妙に似ているので注意が必要です。 1.「ピジン」 言語の違う人たちが意思疎通を図るため、お互いの言語...
言語と社会

助詞の「に」と「で」の違い

日本語の助詞「に」と「で」の違いを紹介します。 特に方向・場所の用法が似ているので、注意が必要です。 助詞「に」の用法 1.「移動する方向」 移動する方向 を示します。 特に、「来ます」「行きます」「帰りま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました