日本語の拍・モーラのまとめ




日本語のリズムの基本的な単位を「拍(はく)」または「モーラ」言います。仮名1文字が1拍となります。

ただし、拍には「単独でも発音可能な自立した拍」(自立した拍)と、「単独では現れることができず、必ず独立する拍の後にくる拍」(非自立的な拍)があります。

1.「自立した拍」

1.「直音(ちょくおん)」

「あ」「か」など

2.「拗音(ようおん)」

「きゃ」「しゅ」「にょ」

3.「濁音(だくおん)」

「が」「じゅ」

4.「半濁音(はんだくおん)」

「ぱ」「ぴゅ」

5.「清音(せいおん)」

濁音、半濁音以外の音

2.「非自立的な拍」

単独では現れない拍。1拍で数える。

例:「スッポン」は4拍

1.「撥音(はつおん)」

「ん」のこと。はねる音ともいう。

例:「よにん」、「あんしん」など

2.「促音(そくおん)」

小さい「ッ」や「っ」

3.「引く音(ひくおん)」

「ー」のこと。母音を伸ばして発音すること。

例:「ヤッホー」、「オーイ」、「レース」など

スポンサーリンク