日本語の拍・モーラと音節のまとめ

日本語の拍・モーラと音節のまとめ

日本語の「拍・モーラ」と「音節」について紹介します。

拍・モーラと音節は似ているように見えますが、微妙に違うので注意が必要です。

スポンサーリンク

1.拍・モーラ

日本語のリズムの基本的な単位を、拍(はく)またはモーラと言います。

仮名1文字が1拍となります。

たとえば、「ありがとう」は5拍です。

  • / / / /

また、「ッ」「きゅ」「ー」も1拍で数えます。

  • ス / ッ / ポ / ン (4拍)
  • きゅ / う / り (3拍)
  • ス / キ / ー (3拍)

拍と拍の間はすべて同じ長さで発音するのも重要です。

拍には、自立した拍単独でも発音可能な自立した拍)非自立的な拍単独では現れることができず、必ず独立する拍の後にくる拍)があります。

1.自立した拍

単独でも発音可能な自立した拍です。

1.直音(ちょくおん)

」「」など

2.拗音(ようおん)

きゅ」「しゅ」「にょ」など。

2文字で1拍です。

  • きゅ / う / り /(3拍)

3.濁音(だくおん)

」「じゅ」など

4.半濁音(はんだくおん)

」「ぴゅ」などです。

5.清音(せいおん)

濁音、半濁音以外の音

2.非自立的な拍

単独では現れない拍です。小さい「ッ」や「ー」などです。特殊拍とも言います。

これらは「1拍」で数えます

たとえば、「スッポン」は4拍です。

  • ス / / ポ / ン (4拍)

1.撥音(はつおん)

」です。「はねる音」ともいいます。1拍で数えます。

  • あ / / し /

2.「促音(そくおん)」

小さい「」や「」です。1拍で数えます。

  • が / / こ / う  (4拍)

3.「引く音(ひくおん)」

」のことです。母音を伸ばして発音することです。

1拍で数えます。

  • ク / リ / / ム(4拍)

2.音節

ひとまとまりに発音される単位です。音節は非自立的な拍(特殊拍)とだけ異なるので注意が必要です。

自立した拍=1音節

自立した拍(直音、拗音、濁音、半濁音、清音)はすべて1拍=1音節となります。

拍と音節が同じです。

  • 拍=あ / り / が / と / う (5拍)
  • 音節=あ / り / が / と / う (5音節)
  • 拍=きゅ / う / り (3拍)
  • 音節=きゅ / う / り (3音節)

非自立的な拍(特殊拍)=2拍で1音節

非自律的な拍(特殊拍-撥音、促音、引く音)は、1拍=1音節とはならず、前の拍と一緒になって、2拍で1音節となります。

先生
先生
非自立的な拍は数え方が音節と違うので、注意が必要です。

たとえば、「がっこう」を拍で数えると「4拍」ですが、音節で数えると「3音節」です。

  • 拍=が / / こ / う (4拍)
  • 音節= / こ / う (3音節)

撥音

  • 拍=あ / / し /  (4拍)
  • 音節= / (2音節)

促音

  • 拍=が / / こ / う  (4拍)
  • 音節= / こ / う  (3音節)

引く音

  • 拍=ク / リ / / ム  (4拍)
  • 音節=ク /   / ム  (3音節)

まとめ

  • 日本語のリズムの基本的な単位を、拍(はく)またはモーラと言う。仮名1文字が1拍。
  • 拍には自立した拍(単独でも発音可能な自立した拍)と非自立的な拍(単独では現れることができず、必ず独立する拍の後にくる拍)がある。
  • 音節はひとまとまりに発音される単位。
  • 自立した拍は1拍で1音節、非自立的な拍(特殊拍-撥音、促音、引く音)は2拍で1音節になる。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


日本語教育能力検定試験 聴解・音声特訓プログラム

タイトルとURLをコピーしました