日本語の助詞のまとめ

助詞とは、単独では使えず、非自立的な語。必ず他の語(名詞・動詞・形容詞など)に付属して現れる。

代表的な助詞は、「が」「を」「に」「の」「と」など。

スポンサーリンク

助詞の分類

1.「格助詞」

格助詞は、主に名詞について、その名詞と他の語(他の名詞、あるいは、動詞・形容詞)との意味関係を示します

*話し言葉だと「無助詞化」できるものとできないものがあります。

「が」

例:「雪降る」

「を」

例:「本読む」

「を」格は無助詞化(省略)できます。

例:「本読む」

「に」

例:「京都着いた」

「に」は無助詞化(省略)できます。

例:「京都着いた」

「へ」

例:「東京行く」

「へ」は無助詞化(省略)できます。

例:「東京行く」

「と」

「と」はいくつかの用法があります。

1.「2つの名詞を並べ立てる」

例:「山本さん田中さんが来ました」

2.「行為を一緒に行なう人を表わす」(「と一緒に」と言い換えられる))

例:「友だち映画に行きました」

3.「違いを判断するときの基準を表わす」

例:「このカバンはわたしのカバン違います」

4.「話や考えなどを引用するときに使う」

例:「この漢字は「あめ」読みます」

「で」

での意味用法は、「動作の場所」「単位(まとまり)」「手段・道具」「材料」「原因」があります。

1.「動作の場所」

例:「北海道買う」

2.「単位(まとまり)」

例:全部1000円

3.「手段・道具」

例:鉛筆書く

4.「材料」

例:お菓子作る家

5.「原因」

例:風邪会社を休む

また、「で」格は無助詞化(省略)できません。

例:北海道買う×

「から」

からは、意味用法に「出発点」、「原料」、「理由」などがあります。

1.「出発点」

例:13時から授業を始めます。

2.「原料」

例:味噌は大豆から作る

3.「理由」

例:ささいなことからけんかになる

「より」

よりは、意味用法に「比較の基準」と「開始時点」があります。

1.「比較の基準」

例:

沖縄より北海道のほうが寒い

彼女より下手だ

2.「開始時点」

例:これより試験を開始します。

2.「並列助詞」

名詞と名詞の並列を示す。

例:

「と」(紅茶「と」コーヒー)

「や」(紅茶「や」コーヒー)

「か」(紅茶「か」コーヒー)

3.「取り立て助詞」

文中のある要素に付いて、文の表面には書いていない何らかの情報を表す。

「は」(私「は」東京出身です)

「も」(私「も」東京出身です)

「だけ」(あの人「だけ」が東京出身です)

「さえ」(こんなこと「さえ」知らなかった)

4.「接続助詞」

節と節をつなぐ役割をする

「ので」(代わりの人が来た「ので」、私は帰ります)

「なら」(あなたが行く「なら」、私も行く)

5.「終助詞」

文末について、話し手の見方や気持ちを表す

「よ」(私は元気だ「よ」)

「ね」(彼は性格が悪い「ね」)

コメント

タイトルとURLをコピーしました