膠着語、屈折語、孤立語とは?形態的類型論から見た言語のタイプ




形態的類型論

日本語教育能力検定試験では、膠着語(こうちゃくご)、屈折語(くっせつご)、孤立語(こりつご)に関する問題が出ます。

これは、言語を「形態的類型論」から分類したものです。世界の言語は、この3つのタイプに分けられます。ちなみに、日本語は「膠着語」です。

それぞれの用語をまとめました。

「膠着語(こうちゃくご)」

助詞や助動詞を接着剤のように単語にくっつけ、文章を表現する語です。「膠」は接着剤として使われるニカワのことです。助詞は「が」「は」「を」などのことです。

膠着語の例

  • 日本語
  • 韓国語
  • モンゴル語
  • トルコ語
  • フィンランド語
  • ハンガリー語
  • タミル語
  • ウイグル語
  • ウズベク語

など。

「屈折語(くっせつご)」

単語の形を変化させて文章を表現する語です。英語が代表的です。

屈折語の例

  • 英語
  • ラテン語
  • ギリシャ語
  • ロシア語
  • ドイツ語
  • アラビア語

など。

「孤立語(こりつご)」

単語の形は変化せず、単語を並べる順番で文章が決まる語です。語順が重要になります。中国語が代表的です。

孤立語の例

  • 中国語
  • ベトナム語
  • ラオス語
  • タイ語
  • クメール語
  • サモア語

など。

以上です。試験では、世界の言語がどの分類に当たるのか出題されることがあります。

ちなみに、「統語的類型論」では「SVO」で言語を分類します。

英語の勉強で、SVOを勉強しました。 統合的類型論は、このS(主語)O(目的語)V(動詞)の語順で言語を分けます。 世界の80%...

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク