「洗濯機」はなぜ「センタッキ」と言う?




洗濯機を「センタクキ」ではなく「センタッキ」と読む人がいます。

「ク」が「ッ」に変わるのです。これは「促音化(そくおんか)」と言います。

促音は「ッ」のことです。

促音化は、「ク」「キ」「チ」「ツ」のうしろに、カ行(「カ」「キ」「ク」「ケ」「コ」)の音が来たときに起こります。

センタクキは、「」のうしろに「」が来ますので、促音化するのです。

<例>

洗濯機  → 

水族館  → 

学校  → 

促音化するものとしないものの違いは?

しかし、中には促音化しない言葉もあります。

たとえば、「シュウカクキ(収穫期)」は「シュウカッキ」と言いません。

以下の記事によると、独立性の高いことばは促音化しないようです。

さて、まず促音化が起こらないそれぞれの例を見てみると、ことばとして、その前の部分の「独立性」が高いことにお気づきでしょうか。「収穫する期」だから「収穫期」、「満足する感じ」だから「満足感」です。つまり、「収穫」「満足」は独立性の高い一単語だと言えます。

「洗濯機」はセンタクキ? センタッキ?


考えて、解いて、学ぶ日本語教育の文法

スポンサーリンク