名詞のまとめ




名詞には、

  • 「が・に・を」を付けて文の中で働く。
  • 「だ」「です」を伴って、文の述語になる。
  • 「の」を付けて、次の名詞につながる。

などの機能があります。

「実質名詞」と「形式名詞」

名詞には「実質名詞」と「形式名詞」があります。

形式名詞は、それ自身では意味がなく、かならず他の語に修飾されて使われるものです。

例:

食べたことがない→「こと」が形式名詞

困ったものだ→「もの」が形式名詞

一覧:「こと」「もの」「とき」「ほう」

「無情名詞と有情名詞」

「有情名詞」

有情名詞は、「人」など、自ら動作を行うことができるものです。

「いる」をつけます。

例:

彼がいる

「無情名詞」

無情名詞は、「物」など、自ら動作を行うことができないものです。

「ある」をつけます。

例:

椅子がある

「時を表す名詞+「に」」

「今」との関係で決まる「相対的な名詞(「明日」など)」には「に」を付けないのが普通です。

例:

明日公園に行く。 × 明日公園に行く。

昨日公園に行った。 × 昨日公園に行った。

しかし、「絶対的な名詞(日付など)」には「に」をつけます。

例:

6月10日に公園に行く。 × 6月10日公園に行く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。