「まで」と「までに」の違いは?

「まで」と「までに」の違いを紹介します。

スポンサーリンク

まで

まで」は、その時点までずっと~をするということを後半で述べます。

例:15日 まで 休む

この場合、「15日」という時点まで、ずっと休んでいるということを後半で述べています。

「まで」は、「待つ」「いる」「続ける」「働く」「休む」「生きる」など、一定時間続く動詞と一緒に使います。

までに

「までに」は、その時点より前に~をするということを後半で述べます。

例:明日 までに 課題を提出してください。

この場合、「明日」という時点より前に、課題を提出するということを後半で述べています。

「までに」は、「返す」「提出する」「終わる」「結婚する」「出す」「決める」などの、継続しない、その時点で終わる動詞と一緒に使います。

また、これは「間」と「間に」の違いにも似ています。

まとめ

  • まで」は、その時点までずっと~をするということを後半で述べる
  • 「までに」は、その時点より前に~をするということを後半で述べる

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

日本語教育能力検定試験 合格パック2021

検定合格率約66.3%の通信講座「NAFL日本語教師養成プログラム」に、検定対策用の厳選教材を組み合わせたスペシャルパックです。記述問題の個人添削指導や、学習コーチからのアドバイスなどを受けられ、独学でも安心して勉強ができます。

ヒューマンアカデミー 日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました