言語と教育一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

ナチュラルアプローチとは?

日本語教育能力検定試験に出る、ナチュラルアプローチを紹介します。ナチュラルアプローチは、1970年代後半から1980年代初頭にスティーヴン・クラッシェン とトレイシー・テレルによって開発された言語教育の方法です。教室での自然な言語の習得を目標とします。そのため、文法の勉強や間違いの修正は重視しません。

異文化シュミレーション(バーンガ、バファバファ、エコトノス、アルバトロス)まとめ

日本語教育能力権手試験によく出る、異文化シュミレーションのまとめです。日本語教師は外国人を相手にするので、異文化コミュニケーションが重要です。実際に経験する機会はないかもしれませんが、知識として知っておくといいかもしれません。

オーディオリンガルメソッド(アーミーメソッド)とは?教え方は?メリット・デメリットは?

オーディオリンガルメソッド(アーミーメソッド)は、日本語教育能力検定試験によく出題されます。そこで、その概要や教え方などを紹介します。*海外では、オーディオリンガルメソッドはアーミー・メソッドとイコールの扱いをされることが多いようです。

NO IMAGE

タスク中心の教授法とは?

タスク中心の教授法は、現実の様々な場面で実際に使われる言葉に注目します。学生は学習する目標言語を使用して、意味のあるタスクを行います。 具体的なタスクの例として、「医者の診察」や「(仕事などの)面接」、「カスタマーサービスへの問い合わせ」などがあります。

NO IMAGE

ダイレクト・メソッドとその関連する教授法

ダイレクト・メソッドとその関連する教授法を紹介します。「ダイレクト・メソッド(直接法)」「ダイレクト・メソッド」は、20世紀初め、ヨーロッパで外国語教育における公認された教授法だそうです。 その特徴は、「音声を重視する」「語彙や文法は文脈の中で帰納的に理解する」です。

NO IMAGE

ナチュラルメソッドの教授法 -「サイコロジカルメソッド」と「ベルリッツ・メソッド」

「ナチュラルメソッド」とは、幼児の母語習得に着目した教授法です。 具体的には、「サイコロジカルメソッド」と「ベルリッツメソッド」があります。「サイコロジカルメソッド(psychological method)」サイコロジカルメソッドは、「幼児が思考の順に言葉を使うことに着目した教授法」だそうです。提唱者はグアンです。

スポンサーリンク