日本語の条件「と、ば、たら、なら」の違いは?




日本語の条件の表現に「と、ば、たら、なら」があります。

それぞれどう違うのでしょうか?

簡単にまとめました。

1.「と」

動詞 / イ形容詞 = 辞書形

例:買う

ナ形容詞 / 名詞

例:静か

1.反復的、恒常的な表現に使う

特に、自然現象、習慣、機械の操作でよく使います。

  • 春になる 、桜が咲く(自然現象)
  • ボタンを押す 、電気がつく(機械の操作)

2.「過去の出来事」、「発見」に使う

  • 目を覚ます 、知らない人の部屋にいた。(過去の出来事)
  • 改札口を出る 、目の前に大きな壁画が見えた。(発見)

3.後ろに意志、勧誘、命令などが来ない

条件の「と」は、後ろに意志、勧誘、命令などが来ません

  • 学校が終わる 、塾に行く。
  • 学校が終わる 、塾に行きましょう。(勧誘)
  • 学校が終わる 、塾に行きなさい。(命令)

2.「ば」

第一動詞=~え(e)

例:買

第二動詞 =~れ(re)

例:食べ

イ形容詞=~けれ(kere)

例:大き けれ

ナ形容詞 / 名詞 なら

例:静か なら

1.仮定、反復的な表現、一般法則、ことわざに使う

  • 新型コロナウイルスの流行が収まれ 、何をしますか?(仮定)
  • 風が吹け 桶屋が儲かる(ことわざ

2.後ろに意志、勧誘、命令などが来ない

条件の「ば」は、基本的に後ろに意志、勧誘、命令などが来ません。

  • 外に出れ 必ずマスクをつけなさい

ただし、例外として、(1)前の文が状態述語の場合は意志、勧誘、命令が可能です。状態述語とは、形容詞、動詞の一部、判定詞と「忙しい」「いる」「ある」などです(動作を表すのは「動態述語」)。

また、(2)前と後ろの文の主語が違う場合も、意志、勧誘、命令が可能です。

  • マスクが売っていれ いっぱい買おう。(勧誘)
  • 両親が許してくれれ 1人暮らしをするつもりです。(意志)

3.事実には使えない

既に起こっている事実(過去に一回だけ起こった出来事)には使えません。

  • 昨日、部屋のスイッチを押せ 、すぐに電気がつきました。
  • 昨日、部屋のスイッチを押す 、すぐに電気がつきました。

3.「たら」

動詞 / イ形容詞 / ナ形容詞 = タ形 + たら

例:雨が降っ たら

名詞 + だったら

例: だっ たら

1.特定的、一回的な出来事

特定的、一回的な出来事によく使います。

  • 雨が降っ たら、運動会は中止です。

2.後ろに意志、勧誘、命令などが来る

「と」「ば」と違い、「たら」は後ろに意志、勧誘、命令などが来ます。

  • 休みになっ たら旅行に行きましょう(勧誘)

3.前の文が仮定なら「ば」と置き換え可能

  • 新型コロナウイルスの流行が収まっ たら、何をしますか?(仮定)
  • 新型コロナウイルスの流行が収まれ 、何をしますか?(仮定)

4.「なら」

動詞 / イ形容詞 / ナ形容詞 = 辞書形なら

例:買う なら / 見る なら

動詞 / イ形容詞 / ナ形容詞 = タ形なら

例:買った なら / 見た なら

名詞なら

例:大人 なら

「なら」は、「と」「ば」「たり」とは少し違います。

1.後ろに意志、勧誘、命令などが来る(話し手の気持ち)

  • ずっと家にいるの なら家事を手伝って

2.時間の前後関係が、前の文→後の文とはならない。

「と」「ば」「たり」は、前の文がそのまま前の時間となり、後の文がそのまま後の時間となりますが、「なら」は前の文が後の時間となり、後の文が前の時間となることがあります。

  • 車の運転をする なら決して飲酒はしないようにして!(時間的には「車の運転をする」が後で、「飲酒」が前)

まとめ

  • 「と」は「反復的、恒常的な表現」「過去の出来事」「発見」に使う、後ろに意志、勧誘、命令などが来ない
  • 「ば」は「仮定、反復的な表現、一般法則、ことわざ」に使う、後ろに意志、勧誘、命令などが来ない事実には使えない(ただし、前の文が状態述語、前と後の文で主語が異なる場合は可能)
  • 「たら」は「特定的、一回的な出来事」に使う、後ろに意志、勧誘、命令などが来る前の文が仮定なら「ば」と置き換え可能
  • 「なら」は後ろに話し手の気持ちが来る時間の前後関係が、前の文→後の文とはならない


日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 分野別用語集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク