PR

「多い」「遠い」「近い」は直接名詞を修飾する形ではあまり使われない

スポンサーリンク

「多い」「遠い」「近い」はイ形容詞ですが、直接名詞を修飾する連体詞の形ではあまり使われません。

代わりに「」をつけて、「多くの」、「近くの」、「遠くの」という形にします。

「多い」「遠い」「近い」
「多く 」、「近く 」、「遠く
例:

× 多いに来てほしい。
→〇 多くの人に来てほしい。

× 近いスーパーへ買い物に行く。
→〇 近くのスーパーへ買い物に行く。

× 遠い町に行く
→〇 遠くの町に行く
スポンサーリンク

名詞+格助詞+「多い」「遠い」「近い」はOK

ただし、名詞格助詞(が、の、に、から、よりなど)「多い」「遠い」「近い」の形では、直接名詞を修飾できます。

から 遠い 家を買って後悔した。

日本 多い 名字は佐藤です。

から 近い 職場で働く。

アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教師養成講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました