ローマ字のまとめ-ヘボン式、日本式、訓令式

ローマ字のまとめ-ヘボン式、日本式、訓令式

ローマ字のまとめです。試験にも時々出ます。

最近では平成27年度日本語教育能力検定試験でローマ字の問題が出題されています。

スポンサーリンク

ローマ字の種類

ローマ字には、ヘボン式日本式訓令式の3つがあります。

1.ヘボン式

ジェームス・カーティス・ヘボン

アメリカの宣教師・医師のジェームス・カーティス・ヘボンが考案したものです。

これは、ヘボンが作った初の和英辞典『和英語林集成』での日本語の表記法が元になっています。

音声学的に違う場合は、違うつづりを採用しています。たとえば、ta、chi、tsu、te、toなど、実際の音を正確に推測しやすいのが特徴です。

現在最も多く用いられているローマ字の表記法です。

2.日本式

田中舘愛橘

1885年に物理学者の田中舘愛橘(たなかだてあいきつ)が考案した表記法です。

五十音図に基づいて、子音と母音の組み合わせでつづりを決めます。

五十音図に沿って作られるので、日本式は、音韻論的であるといえます。

3.訓令式

ローマ字のつづり方の統一を目指して、1937年に第1次近衛内閣が発した内閣訓令で定められた公的なローマ字法です。

訓令式という名前はここから来ています。

日本式ローマ字を基礎として、それに若干の改変を加えたローマ字表記法です。

日本の小学校の多くで教えられており、国際標準化機構による採用(ISO 3602という国際基準)や、学術論文、パスポートでもこちらを使います。

ローマ字の決まり

1954年に「ローマ字のつづり方」という内閣告示・訓令が出ています。

こちらでは訓令式を優先すると書かれています。

ヘボン式と日本式・訓令式の違い

ヘボン式と日本式・訓令式では「し、ち、つ、ふ、じ、しゃ、じゃ」が違います。

 ヘボン式日本式・訓令式
shisi
chiti
tsutu
fuhu
jizi
しゃshasya
じゃjazya

日本式と訓令式の違い

日本式と訓令式では「ぢ、づ」が違います。

 日本式訓令式
dizi
duzu

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識 日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ

タイトルとURLをコピーしました