PR

CEFR(セファール)とは?

スポンサーリンク

CEFR(セファール)は、「Common European Framework of Reference for Languages」の略称で、ヨーロッパ言語共通参照枠のことです。

ヨーロッパの外国語教育の学習、評価で共有されるガイドラインを意味します。

ヨーロッパには様々な言語があるので、そのすべての言語に適用できるような、学習状況の評価や指導の方法を提供することが目的です。

1989年から1996年にかけて、欧州評議会が「ヨーロッパ市民のための言語学習」プロジェクトを推進した際に、このCEFRが中心的な役割となりました。

CEFRは2001年に発表され、ヨーロッパ以外の国でも広く利用されています。

スポンサーリンク

CEFRと日本語教育との関係

それでは、このヨーロッパ生まれのCEFRですが、日本語教育とはどのような関係があるのでしょうか。

JF日本語教育スタンダード」という日本語教育のコースデザイン、授業設計、評価を考えるための枠組みが、このCEFRの考え方にもとづいて開発されています。


日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 合格問題集 第3版

アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教師養成講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

言語と教育
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました