PR

後行シラバスとは?

スポンサーリンク

日本語教育能力検定試験には、「後行シラバス(a posteriori syllabus)」が出てきます。

試験対策としては「学習する人の要望を基に毎回の授業の内容を決め、授業が終わった後に全体が見えてくるもの」と覚えておけば良いですが、他の特徴もいくつか紹介します。

スポンサーリンク

後行シラバス(a posteriori syllabus)の特徴

  • 事前にシラバスの内容は決めない。授業を通してシラバスの内容が出現する
  • 授業で教える内容は、まだ学習されていないという前提に基づく
  • 学習のプロセスに焦点を当てる
  • 学生が行うアクティビティの種類(これは事前に指定します)に焦点を当てる
  • 授業の終了後に、授業で達成したことを記録する。
  • コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)などで用いられる

後行シラバス(a posteriori syllabus)と反対のものが先行シラバス(a priori syllabus)です。先行シラバスは、事前に教える内容を決めておくシラバスで、一般的なシラバスは先行シラバスです。

参考記事:Applied Linguistics to Foreign Language Teaching and Learning / An ELT Glossary : A-Priori Syllabus / A-Posteriori Syllabus 


日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 分野別用語集

アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

言語と教育
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました