日本語教育能力検定試験を東大駒場会場で受験。持ち物、注意点など体験談を紹介

東大駒場キャンパス

私は数年前に、日本語教育能力検定試験を東大駒場キャンパスで受験しました。

その時の体験談や注意点を紹介します。

スポンサーリンク

日本語教育能力検定試験の会場

まず、日本語教育能力検定試験の会場を紹介します。

毎年全国7地区(北海道(札幌) 、東北(仙台、福島)、関東(東京)、 中部(愛知)、 近畿(大阪、兵庫)、中国(広島)、九州(福岡))の会場で開催されます。

ただし、会場は受験者数などで毎年異なるので、去年開かれた会場が今年は開かれないこともあります。

ちなみに、令和1年の会場は以下です。

北海道地区(札幌)札幌科学技術専門学校 大通りキャンパス
東北地区(仙台)仙台医療福祉専門学校
関東地区(東京)東京大学 駒場Ⅰキャンパス
明治大学 和泉キャンパス
昭和女子大学
武蔵野大学 武蔵野キャンパス
中部地区(名古屋)名城大学 八事キャンパス
TKP名古屋栄カンファレンスセンター
近畿地区(大阪)大阪大学 豊中キャンパス
大阪産業大学 中央キャンパス
中国地区(広島)広島女学院大学
県立広島大学 広島キャンパス
九州地区(福岡)九州産業大学

持ち物

これは一般の試験の持ち物と特に変わりません。

鉛筆やシャーペン、消しゴム、時計、受験票、昼ご飯です。

記述の試験が1つあるので、字が書きやすいものを用意すると良いでしょう。

私は時計を忘れたのですが、会場内に大きな時計があったので、それを見ながら試験を受けました。

昼ご飯は用意しておくのがおすすめ

昼ご飯は事前に用意しておくことをおすすめします。

私は用意していなかったので、昼にコンビニに行ったら非常に混んでいて行列しました。

特に東大会場は近くにお店が少なく、しかも会場から結構離れています。買いに行って戻るだけで30分くらいかかったと思います。

その時間がもったいないですね。

トイレが混む

あと、印象的だったのは、女子トイレが非常に混んでいたことです。

日本語教育能力検定試験の受験者は女性が多いのですが、会場は普通の大学キャンパスなので、トイレ数が足りなくなるのだと思います。

休憩時間は行列していました。

教室がわかりにくて迷う

東大会場は似たような教室がたくさんあるので、休憩の後で戻ってきた時に、自分の教室がわからなくなることがありました。

教室の場所なども事前にきちんと把握しておくことが重要です。


2020年 日本語教育能力検定試験 合格するための本 (アルク地球人ムック)

*画像:CC 表示-継承 4.0, リンクによる

タイトルとURLをコピーしました