日本語教師の国家資格ができる?20年以降に創設予定




政府が日本語教師の公的資格の創設を検討しているそうです。

国家資格があれば、日本語教師が専門性の高い仕事として認識されるので、とても良いことだと思います。

日本人なら誰でも日本語教師ができるなどと思われることも減るでしょう。

国の文化審議会の小委員会は4日、外国人らに日本語を教える「日本語教師」の公的資格を創設する方針をまとめた。判定試験や教育実習を課すのが柱。労働力としての外国人の受け入れを拡大する改正出入国管理法が2

判定試験や教育実習

また、資格には判定試験教育実習が含まれる予定です。

日本語教育能力試験が国家資格に?

記事によると、判定試験は日本語教育能力試験を活用することを検討しています。

試験は公益財団法人が運営する「日本語教育能力検定試験」の活用も検討。

これが実現すると、日本語教育能力検定試験が国家資格となる可能性があります。

現在の試験は、公益社団法人日本語教育学会が認定している資格で、公的資格ではありません。

そして、この日本語教育能力検定試験合格に加えて、教育実習を行うことが新しい日本語教師の国家資格の中身になるかもしれません。

そのため、すでに試験に合格している人は、試験は免除されて教育実習だけ必須となる流れとなるかもしれません。そう考えると、試験に合格することはさらに重要となりそうです。

参考記事:日本語教師の公的資格創設 判定試験や教育実習も必須に 文化審

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク