日本語教師の国家資格ができる?20年以降に創設予定

政府が日本語教師の公的資格の創設を検討しているそうです。

国家資格があれば、日本語教師が専門性の高い仕事として認識されるので、とても良いことだと思います。

日本人なら誰でも日本語教師ができるなどと思われることも減るでしょう。

日本語教師の公的資格創設 判定試験や教育実習も必須に 文化審
国の文化審議会の小委員会は4日、外国人らに日本語を教える「日本語教師」の公的資格を創設する方針をまとめた。判定試験や教育実習を課すのが柱。労働力としての外国人の受け入れを拡大する改正出入国管理法が2019年4月に施行される中、教師の質を高めて日本語教育を充実させ、日本での仕事や生活を支援する態勢を整える。政府は外国人材...
スポンサーリンク

判定試験や教育実習

また、資格には判定試験教育実習が含まれる予定です。

日本語教育能力試験が国家資格に?

記事によると、判定試験は日本語教育能力試験を活用することを検討しています。

試験は公益財団法人が運営する「日本語教育能力検定試験」の活用も検討。

これが実現すると、日本語教育能力検定試験が国家資格となる可能性があります。

現在の試験は、公益社団法人日本語教育学会が認定している資格で、公的資格ではありません。

そして、この日本語教育能力検定試験合格に加えて、教育実習を行うことが新しい日本語教師の国家資格の中身になるかもしれません。

そのため、すでに試験に合格している人は、試験は免除されて教育実習だけ必須となる流れとなるかもしれません。そう考えると、試験に合格することはさらに重要となりそうです。

参考記事:日本語教師の公的資格創設 判定試験や教育実習も必須に 文化審

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

試験関連情報
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました