PR

外国で日本語教師として働きたい人は、日本語教育能力検定試験に合格するのがおすすめ

スポンサーリンク

外国で日本語教師として働きたい人は、日本語教育能力検定試験に合格するのがおすすめだと思います。

なぜかというと、外国で日本語教師の仕事に採用されやすくなるからです。

おそらく、日本語教師の需要が一番多い外国は中国やベトナムなどだと思います。これらの国では採用の条件として日本語教育能力検定試験の合格が求められることが増えているようです。

以前は日本人で大卒であれば誰でも日本語教師になれるということもあったようですが、最近は採用の条件が少し厳しくなっているように思われます(もちろん、現在でも厳しくないところはあると思いますが)。私が調べた限りですが、日本語教育能力検定試験の合格を必須の条件としているところが増えています。

理由はわかりませんが、もしかしたら外国での日本語の学習者が減っていることが要因の一つかもしれません。

そして、この傾向はおそらく今後さらに高まっていくように思われます。

そのため、外国で日本語教師として働きたい人は、とりあえず日本語教育能力検定試験に合格しておくのがおすすめだと思います。

ほかには420時間の養成講座を修了するという方法もあります。ただし、こちらは費用が高いという問題があります。

日本語教育能力検定試験は「<検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」」などの通信講座を利用することもできます。おそらく、独学より効率的に勉強することができるので、時間をかけずに合格することができるかもしれません。

アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

試験関連情報未分類
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました