「~ている」の用法は?




日本語の「~ている」の用法を紹介します。

すぐ思い浮かぶのが、英語の現在進行形のような用法です。しかし、それ以外の用法もいくつかあります。

1.「動きの進行」

ある動作の進行を表す用法です。英語の現在進行形と似たものですね。

例:

  • 彼はご飯を食べている
  • 子どもたちがサッカーをしている

2.「動きの結果の状態」

ある動きの結果の継続を表す用法です。

例:

  • 彼女は帽子をかぶっている
  • ドアが閉まっている
  • 彼の服は汚れている

3.「状態の継続」

ある状態の継続を表す用法です。

例:

  • あの家の玄関は南を向いている
  • ナイフの先はとがっている

4.「繰り返し」

ある動きの繰り返しを表す用法です。

例:

  • 彼は毎週ジムに行っている
  • 彼女は毎日ランニングをしている

5.「経験」

何かの動きが起きているが、現在はそれが残っていない(過去に経験した)を表す用法です。

例:

  • 彼は今までに3回も結婚している
  • その家は2回も泥棒に入られている

クイズ

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク