イ形容詞とナ形容詞まとめ




形容詞には「イ形容詞」「ナ形容詞」があります。

「イ形容詞」

イ形容詞は、名詞を修飾するときに「~い」の形になる形容詞です。

例:「寒い」「まずい」「小さい」「いい」「赤い」など

*イ形容詞は数が限られる

名詞の修飾例:「寒い日」「まずいごはん」「小さいリンゴ」「いい店」「赤い服」

「イ形容詞の否定形の作り方」

イ形容詞の否定形は、イ形容詞の最後の「い」を取って、代わりに「くはありません」をつけます。

例:「寒くはありません」「まずくはありません」「小さくはありません

「ナ形容詞」

ナ形容詞には様々な終わり方があります。

例:「静か」「不便」「ひま」「すてき」など。

ただし、名詞を修飾するときには「な」の形になります

例:「静かな日」「不便な店」「ひまな日」「すてきなごはん」など。

「ナ形容詞の否定形の作り方」

ナ形容詞の否定形は、ナ形容詞のうしろにではありません/じゃありませんをつけます。

例:「静かではありません」「不便ではありません」「ひまではありません」など。

「きれい」「きらい」は「い」で終わっているがナ形容詞です。

「ハッピーな」「ラッキーな」などのように外来語からも作ることができます。

「感情形容詞」と「属性形容詞」

「感情形容詞」

感情形容詞は感情を表す形容詞です。

例:「うれしい」「悲しい」「楽しい」など

「属性形容詞」

属性形容詞は人や物の性質を表す形容詞です。

例:「赤い」「丸い」など

「形容詞を名詞化する接尾辞「さ」「み」」

「さ」と「み」は形容詞に付いて名詞を作る接尾辞です。

「形容詞+さ」

「形容詞」に「さ」がつくと、客観的な意味を持ちます。

例:重い→重さ、悲しい→悲しさ

「形容詞+み」

「形容詞」に「み」がつくと、主観的な意味を持ちます。

例:重い→重み、悲しい→悲しみ

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク