副詞のまとめ




日本語の副詞のまとめです。

副詞は、動詞や形容詞を修飾する。動きの様子を説明したり、程度を表したりするものです。

副詞には、「情態副詞」「程度副詞」「陳述副詞」があります。

「情態副詞」

情態副詞(じょうたいふくし)は、動詞を修飾し、その動作を詳しく説明する副詞です。「様態副詞」ともいいます。

例:

  • ひらひら(と)
  • ころころ(と)
  • ゆっくり(と)
  • すぐ(に)
  • こっそり(と)
  • たちまち
  • さっと

「程度副詞」

程度副詞(ていどふくし)は、物事の程度を表す副詞です。量や比較を表すものもあります。

例:

  • 「かなり」
  • 「もっと」
  • 「よほど」
  • 「たいそう」
  • 「大いに」
  • 「すべて」
  • 「ちょっと」
  • 「ごく」
  • 「やや」
  • 「最も」
  • 「もう」
  • 「だんだん」
  • 「きわめて」
  • 「いっそう」

「陳述副詞」

陳述副詞(ちんじゅつふくし)は、話し手の態度や気持ちを表す副詞です。

例:

  • 「もし〜なら(仮定)」
  • 「まるで〜のように(たとえ)」
  • 「たぶん〜だろう(推量)」
  • 「どうか〜ください(願い)」
  • 「なぜ〜か(疑問)」
  • 「断だんじて〜ない(否定)」
スポンサーリンク