日本語教育能力検定試験によく出る「変音現象」まとめ




日本語教育能力検定試験によく出題される、変音現象(へんおんげんしょう)のまとめです。

変音現象は、複合語・合成語を作る時に生じる音の変化です。変音現象にはいくつか種類があるので、以下でそれぞれを紹介します。

1.「連濁(れんだく)」

ごみばこ

ごみばこ

連濁は、後ろの語の最初の音が濁音(だくおん)になる現象です。

後ろの語の最初の音が「カ行」「サ行」「タ行」「ハ行」である場合に連濁します。

例:「ごみ」(前の語)+「こ」(後ろの語)=「ごみこ」(は→ば)

ごみはこごみばこ

その他の例:

  • 本棚「ほん」+「な」=「ほんな」(た→だ)
  • 押し花「おし」+「な」=「おしな」(は→ば)
  • 笑い声「わらい」+「え」=「わらいえ」(こ→ご)
  • 神々「かみ」+「み」=「かみみ」(か→が)

「連濁の例外」

また、連濁には例外があり、連濁の条件を満たしていても連濁しない場合があります。

1.「複合動詞」

2.「2語が並列的で関係のないもの」

「山川(やまかわ)」など

3.「漢語、外来語」

連濁を起こすのは基本的に和語が多く、漢語や外来語は非常に少ないそうです。

4.「ライマンの法則」

ベンジャミン・スミス・ライマン

ベンジャミン・スミス・ライマン

また、連濁の例外として、ライマンの法則があります。

ライマンの法則は、後ろの語にすでに濁音がある場合は、連濁が起こらないというものです。

明治時代に日本に招かれたベンジャミン・スミス・ライマンによって発見された法則です。

たとえば、「はる(春)」 + 「かぜ(風)」が合成すると「はるぜ(春風)」になります。「はるぜ」とはなりません。これは「か(風)」にすでに濁音があるからです。

はるはるがぜはる

しかし、ライマンの法則にも例外があります。たとえば、「縄梯子」の場合、「はしご(梯子)」には濁音がすでにありますが、連濁します。

なわはしなわはしごなわしご

2.「転音(てんおん)(母音交替)」

あまがさ

あまがさ

転音は、前の語の後ろの音の母音が替わる現象です。

たとえば、「あめ(雨)」(前の語)と「かさ(傘)」(後の語)という単語が合成されると、「あまがさ(雨傘)」になります。このとき、「あめ(雨)」(前の語)の後ろの音である「め」が「ま」に替わります

例:「あ」+「かさ」=「あがさ」(め→ま)

その他の例:

  • 酒樽「さ」+「たる」=「さだる」(さ「」→さ「」)
  • 風上「か」+「かみ」=「かかみ」(か「」→か「」)

3.「音便(おんびん)」

音便は、単語中の音が、イ(イ音便)、ウ(ウ音便)、ッ(促音)、ン(撥音)に変わる現象です。

「イ音便」

イ音便は、語中や語尾の「キ」「ギ」「シ」が、「イ」音になる現象です。

例:「書」+「て」=「書て」(き→い)

「ウ音便」

ウ音便は、語中や語尾の「く」「ぐ」「ひ」「び」「み」などが「ウ」音になる現象です。

現代語では、形容詞の連用形に「ございます」「存じます」などが続くときに多く現れる。

例:

  • 「白」+「ございます」=「白ございます」(く→う)
  • 「なつかし」+「ございます」=「なつかしゅございます」(く→う)

「促音「ッ」」

促音は、活用語の連用形の語尾「チ」「ヒ」「リ」の後に「テ」「タ」「タリ」などの語が続くとき、連用形の語尾が「ッ」になる現象です。

例:

  • 「立」+「て」=立て(ち→っ)
  • 「走」+「て」=走て(り→っ)

「撥音「ン」」

撥音は、活用語の連用形の語尾「ニ」「ミ」「ビ」の後に、「テ」「タ」「タリ」などの語が続くとき、連用形の語尾が「ン」となる現象です。

助詞「テ」は「デ」となることが多いです。

例:

  • 「死」+「て」→死んで(に→ん)
  • 「飛」+「て」→飛んで(び→ん)
  • 「読」+「て」→読んで(て→ん)

4.「音韻添加(おんいんてんか)」

音韻添加は、元はない音が添加される現象です。

例:「haru(はる)」+「ame(あめ)」=「harusame(はるさめ)」(「s」が新たに付け加わる)

5.「音韻脱落(おんいんだつらく)」

はだし

はだし

音韻脱落は、合成された語に、元はあった音がなくなる現象です。

例:裸足「hadaka(はだか)」+「asi(あし)」=「hadasi(はだし)」(「ka」がなくなる)

6.「音韻融合(おんいんゆうごう)」

かりゅうど

かりゅうど

音韻融合は、前の要素の末尾と、後の要素の先頭の音が融合する現象です。

例:狩人「かり」+「うど」=かりゅうど

7.「連声(れんじょう)」

ぎんなん

ぎんなん

連声は、後の語の音が「ナ行」「マ行」「タ行」の音に変化する現象です。前の語の音が「ン」「チ」「ツ」で、後の語の音が「ア行」「ヤ行」「ワ行」の場合に生じます。

  • 因縁「い」(前の音)+「ん」(後の音)=「いんん」
  • 銀杏「ぎ」(前の音)+「ん」(後の音)=「ぎんん」
  • 反応「は」(前の音)+「う」(後の音)=「はんう」
  • 云々「う」(前の音)+「ん」(後の音)=「うんん」

8.「半濁音化(はんだくおんか)」

しんぱん

しんぱん

「ハ行」の音が「パ行」の音に変化する現象です。

*ちなみに、半濁音とは「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ・ぴゃ・ぴゅ・ぴぇ・ぴょ」のこと。半濁音につく丸状の記号「゜」は、半濁点と呼ばれる。

例:

  • 絶品「ぜつ」+「ひん」=ぜっぴん
  • 審判「しん」+「はん」=しんぱん

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク