「小さい」と「小さな」の違いは?




小さいvs小さな

昔、「大草原の小さな」というドラマがありました。なぜ「小さい」ではなく、「小さな」なのでしょうか?

「小さい」と「小さな」はどう違うのでしょうか?

基本的に、「小さい」も「小さな」も意味はだいたい同じです。しかし、細かい部分で違いがあります。

以下、その違いをまとめて紹介します。

1.「小さな」は「連体詞」

小さいは形容詞で、小さなは連体詞という違いがあります。小さなは連体詞のため、名詞の前にしかつきません。

小さい 小さな
形容詞 連体詞

「連体詞」とは?

「小さな」は連体詞です。

連体詞とは「名詞を修飾する」品詞のことです。

日本語の連体詞はおよそ50個ほどあるそうです。連体詞の例をいくつか紹介します。

  • あの
  • 我が
  • いわゆる
  • 大きな
  • 小さな
  • おかしな
  • あらぬ
  • たいした
  • こういう

2.「小さな」は名詞の前にしかつかない

「小さな」は名詞の前にしかつきません

小さい 小さな
名詞の前以外にもつく
〇 この家は小さい。
名詞の前にしかつかない
× この家は小さな。

3.「小さな」は主観的

「小さい」客観的な表現「小さな」主観的な表現です。

小さい 小さな
客観的 主観的

「小さい」と「小さな」の違いまとめ

まとめです。

小さい 小さな
形容詞 連体詞
名詞の前以外にもつく 名詞の前にしかつかない
客観的 主観的
スポンサーリンク