日本語の「使役」のまとめ

日本語の使役文を紹介します。

使役文は、強制などの意味を持つ文です。

スポンサーリンク

使役文の作り方

第1グループの動詞のない形に「せる」、第2グループの動詞のない形に「させる」をつけます。

第3グループの動詞は「させる」「来させる」にします。

(教科書の説明では、使役は「-(s)ase-」を付けて作ります)

例:

第1グループ:書く→書かせる

第2グループ:見る→見させる

第3グループ:する→させる、来る→来させる

使役文の意味

使役文には、強制、許可、原因の意味があります。

宿題をさせた。(強制)

遊園地で遊ばせた。(許可)

地球温暖化が米をおいしくさせた。(原因)

使役文の自動詞と他動詞

自動詞は使役の相手が「に格」か「を格」になります。

一方、他動詞は使役の相手は必ず「に格」になります。(を格が目的語に使われるため)

例:

〇子ども勉強させる(自動詞)
〇子ども勉強させる(自動詞)

〇子ども野菜を食べさせる(他動詞)
×子ども野菜を食べさせる(他動詞)

使役の短縮形

使役の短縮形もあります。これは口語でよく使われます。

書かせる→書かす

食べさせる→食べさす

来させる→来さす

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました