PR

日本語の「使役」のまとめ

スポンサーリンク

日本語の使役文を紹介します。

使役文は、強制などの意味を持つ文です。

スポンサーリンク

使役文の作り方

第1グループの動詞のない形に「せる」、第2グループの動詞のない形に「させる」をつけます。

第3グループの動詞は「させる」「来させる」にします。

(教科書の説明では、使役は「-(s)ase-」を付けて作ります)

例:

第1グループ:書く→書かせる

第2グループ:見る→見させる

第3グループ:する→させる、来る→来させる

使役文の意味

使役文には、強制、許可、原因の意味があります。

宿題をさせた。(強制)

遊園地で遊ばせた。(許可)

地球温暖化が米をおいしくさせた。(原因)

使役文の自動詞と他動詞

自動詞は使役の相手が「に格」か「を格」になります。

一方、他動詞は使役の相手は必ず「に格」になります。(を格が目的語に使われるため)

例:

〇子ども勉強させる(自動詞)
〇子ども勉強させる(自動詞)

〇子ども野菜を食べさせる(他動詞)
×子ども野菜を食べさせる(他動詞)

使役の短縮形

使役の短縮形もあります。これは口語でよく使われます。

書かせる→書かす

食べさせる→食べさす

来させる→来さす

アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教師養成講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました