なぜ「に住む」が良くて「で住む」はダメなのか




普通、「日本に住む」は言いますが、「日本で住む」とは言いません。

この「に」と「で」を間違える外国人が時々いるようです。

日本人だと意識せずに区別していますが、実際にそれ説明しようとすると難しいです。

そこで、この違いを調べてみました。

「<場所>+「に」+状態の動詞」

格助詞の「に」は存在の場所を表します。そのため、後ろには状態を表す動詞が来ます。

場所状態の動詞

「住む」は状態を表す動詞なので、「に」を使うのが自然なようです。

例:

  • 日本住む
  • 日本いる

「<場所>+「で」+動作の動詞」

格助詞の「で」は活動の場所を表します。そのため、後ろには動作を表す動詞が来ます。

場所状態の動詞

そのため、「住む」という状態を表す動詞が来ると不自然になります。

「暮らす」「働く」といった動作を表す動詞と一緒に使います。

例:

  • 日本暮らす
  • 日本働く
スポンサーリンク