日本語の「から」と「ので」の違いは?




日本語の「から」と「ので」の違いを紹介します。

どちらも原因・理由を述べる接続助詞です。

ただし、(1)文体、(2)主観性、(3)意志表現、(4)丁寧度で違いがあります。

1.「文体」

「から」は話し言葉です。作文では使えません。「ので」も基本は話し言葉ですが、書き言葉に使うこともあります。そのため、作文では「ので」を使います。

  • 「から」=話し言葉
  • 「ので」=書き言葉

2.「主観性」

「から」は主観的です。話し手の気持ちや感情を表します。「ので」は客観的です。物事の因果関係や、事実関係を表します。

  • 「から」=主観的
  • 「ので」=客観的

3.「意志表現」

「から」は様々な意志表現ができます。「ので」は命令などの強い意志表現はできません。

  • よい子だからおとなしくしなさい
  • よい子なのでおとなしくしなさい

*ただし、のでの後に命令が来る文もいくつかあるようです(例:かけ込み乗車は危険なので止めましょう)。

  • から=(様々な)意志表現ができる
  • ので=(強い)意志表現ができない

4.「丁寧度」

「から」は丁寧ではありません。「ので」は丁寧です

柔らかい言い方になるので、最近では女性が「ので」をよく使うとも言われます。

  • から=丁寧ではない
  • ので=丁寧

まとめ

まとめは以下です。

  • から=話し言葉、主観的、意志表現ができる、丁寧ではない
  • ので=書き言葉、客観的、意志表現ができない、丁寧

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 分野別用語集

スポンサーリンク