PR

日本語の受身文の種類

スポンサーリンク

日本語教育能力試験にも出題される、日本語の受け身文の種類を紹介します。

スポンサーリンク

1.「直接受身文」

能動文の主語の行為などに影響を受ける、人や物が主語になります

目的語が主語になる文のことですね。

例:

能動文:山田が田中(目的語)を殴った。

直接受身文:田中(主語)が山田に殴られた。

能動文:泥棒が窓(目的語)を割った。

直接受け身文:窓(主語)が泥棒に割られた。

2.「間接受身文」

能動文の主語の行為などに、間接的に影響を受ける人が主語になります。この影響を受ける人は能動文には含まれないので注意が必要です。

また、この場合はマイナスの影響を受けることが多いので、迷惑受身文とも呼ばれます。

自動詞と他動詞の両方が使えます。

例:

能動文:妹がアイスを全部食べた。

間接受身文:私は妹にアイスを全部食べられた

3.「持ち主の受身文」

自分の所有する物や身体の一部が影響を受ける文です。他動詞しか使えません。

例:

 

能動文:隣の人が私の足を踏んだ。

持ち主の受身文:私は隣の人に足を踏まれた。

能動文:泥棒が私のパソコンを盗んだ。

持ち主の受身文:私は泥棒にパソコンを盗まれた。

アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教師養成講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました