「さ入れ言葉」とは?




以前、日本語教育能力検定試験の問題で「さ入れ言葉」についての問題を見ました。

そこで「さ入れ言葉」について簡単に紹介します。

五段活用動詞(グループ1の動詞)は「~せていただく」

ポイントは、五段活用動詞(グループ1の動詞)には「~させていただく」をつけることができないです。

× 読ま させていただく

× 歩か させていただく

五段活用動詞(グループ1の動詞)には「~せていただく」をつけます。

〇 読ま せていただく

〇 歩か せていただく

この、本来「させる」にならない動詞(五段活用動詞)に「させる」をつけたものを「さ入れ言葉」と呼ぶようです。

上一段/下一段活用の動詞(グループ2)は「~させていただく」

「~させていただく」は上一段/下一段活用の動詞(グループ2)につけます。*上一段/下一段活用の動詞(グループ2)は最後が「る」で終わる動詞です。

〇 受け させていただく

〇  させていただく

まとめ

  • 五段活用動詞(グループ1の動詞)に「させる」をつけた言葉が「さ入れ言葉」
  • 五段活用動詞(グループ1の動詞)=「せていただく
  • 上一段/下一段(グループ2の動詞)=「させていただく
スポンサーリンク