「だけ」と「ばかり」の違いは?




「だけ」と「ばかり」の違いを紹介します。

ばかり=多い

ばかりは「多い」ことに重点を置く取り立て表現です。

量や回数などが多いという話し手の気持ちを表します。

  • 弟は毎日ゲーム ばかり して、勉強しない。(ゲームをする回数が多い)
  • 父は毎日酒 ばかり 飲んで、働かない。(酒を飲む量が多い)

多いことに不満を持ち、強調する表現=ばっかり

また、「~ばっかり」は多いことに不満を持ち、それを強調する話し言葉です。

  • うそ ばっかり 言うなよ!

だけ=限定

一方、だけは「限定」に重点を置く取り立て表現です。それ以外のものは存在しないという意味です。

  • 太郎 だけ 出席した。(出席したのは太郎以外いない)。

「にだけ」と「だけに」

また、「だけ」は格助詞「に」とともに用い、「にだけ」と「だけに」の両方の順番が可能です。

  • 太郎 だけに 話す
  • 太郎 にだけ 話す

だけ・ばかり+が/を

「だけ・ばかり」の両方の文では格助詞「が/を」が削除されません。

  • 太郎 だけが 英語を話せる
  • 毎日酒 ばかりを 飲んではいけません。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク