ハ行転呼とは?

現代の私たちが「川(かは)」を声に出すと、発音は「カワ」です。ハ行音をワ行音で発音します。しかし、もともとはハ行音をワ行音では発音しませんでした。

このように、ハ行音をワ行音で発音する(「カハ」→「カワ」)音の変化をハ行転呼(はぎょうてんこと言います。

この音の変化は、10世紀末ごろから広がったそうです。

  • かは(川) カハ→カワ
  • こひ(恋) コヒ→コイ
  • かほ(顔) カホ→カオ
スポンサーリンク

ファと発音していた

平安時代初期では、ハ行音をファ行音(無声両唇摩擦音[ɸ])で発音していました。それが現在では、ワ行音(両唇接近音[β̞])で発音するようになり、ハ行点呼しました。

  • は=ファ行音(無声両唇摩擦音[ɸ]) →ワ行音(両唇接近音[β̞])

ファ行音(無声両唇摩擦音[ɸ])とワ行音(両唇接近音[β̞])とは?

ファ行音無声両唇摩擦音(むせいりょうしんまさつおん)と言います。発音記号は[ɸ]です。ロウソクの火を吹いて消したりするときの音に似ています。

一方、ワ行音両唇接近音(りょうしん・せっきんおん)と言います。下唇と上唇が接近することで作られた隙間から生じる音です。発音記号は[β̞]です。

  • ファ行音(無声両唇摩擦音[ɸ])
  • ワ行音(両唇接近音[β̞])

奈良時代以前は両唇破裂音[p]

ちなみに奈良時代以前は、ハ行の音を両唇破裂音[p]で発音していました。

また、ファ行音(無声両唇摩擦音[ɸ])が語中・語尾に現れた場合は、軟口蓋接近音[ɰ]で発音されます。

  • 奈良時代以前=両唇破裂音[p]
  • ファ行音[ɸ]が語中・語尾に現れた時=軟口蓋接近音[ɰ]

まとめ

  • 奈良時代以前=両唇破裂音[p]
  • 奈良時代から平安時代=ファ行音(無声両唇摩擦音[ɸ])
  • 平安時代以降~現代=ワ行音(両唇接近音[β̞])
  • ファ行音[ɸ]が語中・語尾に現れた時=軟口蓋接近音[ɰ]


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました