日本語の「こと」と「の」の違い




こと vs の

「こと」と「の」は動詞を名詞化する働きがあります。

基本的に「こと」と「の」はどちらも使えますが、条件によってどちらか一方しか使えない場合があります。

そこで、「こと」しか使えない場合と、「の」しか使えない場合を紹介します。

「こと」しか使えない場合

1.「です・だ・である」の前

です・だ・である」の前は「こと」しか使えません。

ことです である

  • 私の趣味は映画を見る こと です。
  • 私の趣味は映画を見る です。

2.「定型表現」

「~ことにする」「~ことになる」などの定型表現は、「こと」しか使えません。

ことにする になる

  • 私は映画を見る こと にする。
  • 私は映画を見るの する。

「の」しか使えない場合

1.「見る」「聞く」「感じる」などの知覚を表す動詞の前

知覚を表す動詞の前では「の」しか使えません。

見る 聞く 感じる

  • 私は彼が歌う 聞いた
  • 私は彼が歌う こと 聞いた

2.「止める」「手伝う」「待つ」の前

「止める」「手伝う」「待つ」の前は「の」しか使えません。

止める 手伝う 待つ

  • 料理を作る を手伝う。
  • 料理を作る こと を手伝う。

3.話し言葉

また、「の」は話し言葉でよく使います。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク