けれども、のに、てもの違い




逆接の表現、「けれども」、「のに」、「ても」をそれぞれ紹介します。

1.けれども(~けれど、~けど、~が

事実の逆接

事実の逆接 に用います。ほかに「~けれど、~けど、~が」も同じ意味です。

温泉に行った けれども、やっていなかった。

「けれども」は単純な逆接で、驚きや失望の気持ちはありません

前置き

電話に出るときや、質問をするときなどの「前置き」で用います。

  • もしもし、田中です けれども、ご用件は何ですか。
  • ちょっとお尋ねします 、病院はどこにありますか。

2.のに

事実の逆接(驚きの意味)

事実の逆接 に用います。ただし、驚き、意外、失望した気持ちがあります。

  • たくさん勉強した のに、大学に落ちた。(失望)

後ろに「命令、依頼、意志、質問、話し手の判断」は来ない

後ろに「命令、依頼、意志、質問、話し手の判断」は来ません。

  • × 感染症が流行している のに、会社に出勤してください。

→感染症が流行している のに、会社に出勤した。

3.ても

事実の逆接

事実の逆接 に用います。

  • たくさん勉強し ても、成績が上がりません。

仮定の逆接

仮定の逆接 に用います。まだ本当に起きていないことの逆接です。

  • 明日雨が降っ ても、運動会は行われます。

まとめ

  • 「けれども」は事実の逆接、前置きに用いられる
  • 「のに」は事実の逆接に用いられる。驚きや失望などの気持ちがある
  • 「ても」は事実の逆接と仮定の逆接に用いられる
けれどものにても
事実の逆接
仮定の逆接××
前置き××
驚きや失望などの気持ち××
後ろに命令、依頼などを置ける×


新版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク