日本語の擬音語と擬態語の特徴と違い

擬音語と擬態語

日本語には「擬音語(ぎおんご)」と「擬態語(ぎたいご)」があります。

それぞれどう違うのでしょうか。

スポンサーリンク

「擬音語」

物が発する音を文字で表現したものです。実際に音が聞こえる点がポイントです。

  • ワンワン(犬の鳴き声)
  • メーメー(羊の鳴き声)
  • ドキドキ(心臓の鼓動)
  • ガチャン(ガラスの割れる音、錠がかかる)
  • チリーン(鈴)
  • チン(電子レンジ)
  • ドカン(爆発音、衝撃音)
  • カリカリ(サクサク)(スナック菓子を食べる音)
  • シトシト(雨)

「擬態語」

物や人の状態、感情を文字で表現したものです。実際に音が聞こえない点がポイントです。

  • クタクタ(人が疲れた様子)
  • カンカン(人が怒った様子)
  • ペラペラ(言葉が流暢な様子)
  • ぐずぐず(人が遅い様子)
  • じろじろ(人が見る様子)

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


初級を教える人のための日本語文法ハンドブック

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました