「擬音語」と「擬態語」の特徴と違いは?




擬音語と擬態語

日本語には「擬音語(ぎおんご)擬態語(ぎたいご)があります。

それぞれどう違うのでしょうか。

「擬音語」

物が発する音を文字で表現したものです。実際に音が聞こえる点がポイントです。

  • ワンワン(犬の鳴き声)
  • メーメー(羊の鳴き声)
  • ドキドキ(心臓の鼓動)
  • ガチャン(ガラスの割れる音、錠がかかる)
  • チリーン(鈴)
  • チン(電子レンジ)
  • ドカン(爆発音、衝撃音)
  • カリカリ(サクサク)(スナック菓子を食べる音)
  • シトシト(雨)

「擬態語」

物や人の状態、感情を文字で表現したものです。実際に音が聞こえない点がポイントです。

  • クタクタ(人が疲れた様子)
  • カンカン(人が怒った様子)
  • ペラペラ(言葉が流暢な様子)
  • ぐずぐず(人が遅い様子)
  • じろじろ(人が見る様子)

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


初級を教える人のための日本語文法ハンドブック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク