日本語の継続動詞と瞬間動詞の違いと特徴




動詞には「継続動詞(けいぞくどうし)」と「瞬間動詞(しゅんかんどうし)」があります。

この2つの動詞の違いを紹介します。

「継続動詞」

継続動詞は「動作が終わるのに時間のかかる」動詞です。

継続動詞のて形に「いる」をつけると「動作の進行(be~ing)を意味します。

例:

ご飯を食べている

本を読んでいる

継続動詞一覧

  • 「食べる」
  • 「読む」
  • 「話す」
  • 「歌う」
  • 「歩く」
  • 「書く」
  • 「笑う」
  • 「散る」
  • 「降る」
  • 「泳ぐ」など

「瞬間動詞」

瞬間動詞は「動作が終わるのが早い(一瞬)」動詞です。瞬間動詞の例は以下です。

瞬間動詞のて形に「いる」をつけると「動作の結果・完了の意味になります。

例:

雨が止んでいる。

ドアが開いている

瞬間動詞一覧

  • 「止む」
  • 「開く」
  • 「閉める」
  • 「死ぬ」
  • 「付ける」
  • 「触る」
  • 「届く」
  • 「決まる」
  • 「見つかる」
  • 「始まる」
  • 「終わる」
  • 「到着する」など

「まとめ」

  • 継続動詞は「動作が終わるのに時間のかかる」動詞。「食べる」「読む」など。
  • 瞬間動詞は「動作が終わるのが早い(一瞬)」動詞。「止む」「開く」など。
  • 継続動詞に「いる」をつけると「動作の進行(be~ing)」の意味になる。
  • 瞬間動詞に「いる」をつけると「動作の結果・完了」の意味になる。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 日本語の継続動詞と瞬間動詞の違いと特徴 […]