日本語の継続動詞と瞬間動詞とは?

日本語の動詞に「継続動詞(けいぞくどうし)」と「瞬間動詞(しゅんかんどうし)」があります。

この2つの動詞の特徴と違いを紹介します。

スポンサーリンク

「継続動詞」

継続動詞は「動作が終わるのに時間のかかる」動詞です。

継続動詞のて形に「いる」をつけると「動作の進行(be~ing)を意味します。

例:

ご飯を食べている

本を読んでいる

継続動詞一覧

  • 「食べる」
  • 「読む」
  • 「話す」
  • 「歌う」
  • 「歩く」
  • 「書く」
  • 「笑う」
  • 「散る」
  • 「降る」
  • 「泳ぐ」など

「瞬間動詞」

瞬間動詞は「動作が終わるのが早い(一瞬)」動詞です。瞬間動詞の例は以下です。

瞬間動詞のて形に「いる」をつけると「動作の結果・完了の意味になります。

例:

雨が止んでいる。

ドアが開いている

瞬間動詞一覧

  • 「止む」
  • 「開く」
  • 「閉める」
  • 「死ぬ」
  • 「付ける」
  • 「触る」
  • 「届く」
  • 「決まる」
  • 「見つかる」
  • 「始まる」
  • 「終わる」
  • 「到着する」など

「まとめ」

  • 継続動詞は「動作が終わるのに時間のかかる」動詞。「食べる」「読む」など。
  • 瞬間動詞は「動作が終わるのが早い(一瞬)」動詞。「止む」「開く」など。
  • 継続動詞に「いる」をつけると「動作の進行(be~ing)」の意味になる。
  • 瞬間動詞に「いる」をつけると「動作の結果・完了」の意味になる。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

【PR】「日本語教育能力検定試験 合格パック2021」は、通信講座「NAFL日本語教師養成プログラム」に、検定対策用の厳選教材を組み合わせた期間限定のスペシャルパックです。2021年1月6日までに申し込めば10%OFF(132,000→118,800円(税込み))で購入できます。


言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ

コメント

  1. […] 日本語の継続動詞と瞬間動詞の違いと特徴 […]

タイトルとURLをコピーしました