「育む」は自動詞?他動詞?




「愛を育む」などと使う、日本語の「育(はぐく)む」という動詞があります。

これは自動詞でしょうか?他動詞でしょうか?

辞書によると、五段活用の動詞です。「~を育む」という意味で使うので、育むは「他動詞」です。

はぐくむ【育む】とは。意味や解説、類語。[動マ五(四)]《「羽 (は) 含 (くく) む」の意》1 親鳥がひなを羽で包んで育てる。「ひなを―・む」2 養い育てる。「大自然に―・まれる」3 大事に守って発展させる。「二人の愛を―・む」 - goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定...
[動マ五(四)]《「羽 (は) 含 (くく) む」の意》
また、意味は以下です。「育てる」と似ています。

親鳥がひなを羽で包んで育てる。「ひなを―・む」

養い育てる。「大自然に―・まれる」

大事に守って発展させる。「二人の愛を―・む」

「育む」の例文は以下です。

友情を育む

愛を育む

大自然が育む神秘の水

「~を育む」以外に、「~が育む」という使い方もあるようです。もしかしたら、これが自動詞のように見えてしまうのかもしれません。

「大自然が育む」「大自然で育む」はよく使われている言葉です。

スポンサーリンク