PR

「ら」と「な」の発音の違い

スポンサーリンク

外国人にとって、「ら行」と「な行」の発音の違いがわかりにくいようです。

日本人だと何も考えずに区別していますので、いざその違いを説明しようとすると、なかなか難しいと思いました。そこで、簡単な違いを紹介します。

スポンサーリンク

「な行」は鼻音

な行は舌を上の歯・口蓋の裏にしっかりつけて発音します。その後舌を一気に離します。発音する前に舌をつけておくのがポイントです。

また、な行は鼻音です。鼻から音を出すイメージです。鼻をつまんでな行を発音すると、息がつまる感覚がします。な行の発音はこの練習をするとよいようです。

「ら行」

ら行は上の歯茎の裏に舌先をつけて発音します。発音したらすぐに舌を離します。

最初に舌の先をどこにもつけない状態にして、舌を弾くようにするのがポイントです。

ら行は鼻音ではないので、な行と違い鼻をつまんでも息がつまる感覚がありません。

「まとめ」

な行

  • 舌を上の歯・口蓋にしっかりつけて発音する。発音したら一気に離す。
  • 発音する前に舌をしっかりつけておく。
  • 鼻音。鼻をつまんで発音すると、息がつまる感じがする。

ら行

  • 舌の先を上の歯茎の裏につけて発音する。発音したらすぐに舌を離す。
  • 発音する前に舌をつけない。
  • 鼻音ではない。

以下のサイトも参考になります。

東外大言語モジュール|日本語|発音|実践編| 1 サバイバルのためにこれだけは 1.2.1 ラ行音
アガルート「日本語教育能力検定試験 合格総合講義」

54,780円(税込)で受けられるリーズナブルな通信講座です。

オンライン配信された動画視聴で学習するので、すき間時間にどこでも学習が可能です。

過去問解説集がついてくるのも特長です。

割引制度や合格特典のキャンペーンも実施中。

圧倒的なコスパに優れた講座です。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教師養成講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。

DVDやeラーニングなどの動画を見ながら勉強できるので、1人で机に向かって独学するのが苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

資格講座の老舗ユーキャンによる日本語教師養成講座です。

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムが用意されています。

費用は約5万円台と、リーズナブルな費用で検定合格が狙えるコスパの高い講座です。

音声・聴解
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました