日本語の母音まとめ




日本語教育能力検定試験によく出題される、母音のまとめです。

日本語の母音は、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の5つです。

母音は、唇のまるめ舌の前後位置舌の高さがそれぞれ違います。

「ア」

音声記号[a]です。

唇のまるめ「非円唇」です。

舌の高さ「低母音」です。

ア = [a] 「非円唇」 「低母音」

「イ」

音声記号[i]です。

唇のまるめ「非円唇」です。

舌の前後位置「前舌」です。

舌の高さ「高母音」です。

イ = [i] 「非円唇」 「前舌」 「高母音」

「ウ」

音声記号[ɯ]です。

唇のまるめ「非円唇」です。

舌の前後位置「後舌」です。

舌の高さ「高母音」です。

ウ = [ɯ] 「非円唇」 「後舌」 「高母音」

「エ」

音声記号[e]です。

唇のまるめ「非円唇」です。

舌の前後位置「前舌」です。

舌の高さ「中母音」です。

エ = [e] 「非円唇」 「後舌」 「中母音」

「オ」

オだけ「円唇」なのが特徴です。ほかは全部非円唇です。

音声記号[o]です。

唇のまるめ「円唇」です。

舌の前後位置「後舌」です。

舌の高さ「中母音」です。

[o] 「円唇」 「後舌」 「中母音」

舌の前後位置での区別

舌の前後位置での区別は以下です。

  • 前舌=イ[i]、エ [e]
  • 後舌=オ[o]、ウ[ɯ]

舌の高さでの区別

舌の舌の高さでの区別は以下です。低母音は「ア」のみです。

  • 低母音=ア [a]
  • 中母音=オ [o]、エ [e]
  • 高母音=イ[i]、ウ[ɯ]

「母音の無声化」

母音は条件によって無声化します。

1.「「いi」と「うu」が「無声子音」に挟まれたとき」

母音の「いi」と「うu」が無声子音に挟まれると、無声化します。

たとえば、「した(下)」は、「s h i t a」で、母音「i」が子音「h」と「t」に挟まれているので、無声化します。

s h i t a

s u k i

例:「した(下)」「すき(好き)」 「きく(聞く)」 「くさ(草)」 「つき(月)」 

2.「「いi」と「うu」が文末に来たとき」

母音の「いi」と「うu」が文末に来たときも無声化します。

たとえば、「~です」は「d e s u」と「u」が文末に来ているので無声化します。

d e s u

m a s u

例:「〜です」「〜ます」

*母音がアクセント核を持つ場合は無声化が起こりにくくなるそうです。「笛を吹く」など。

また、関西弁は文末の「です」などが無声化しないことが多いようです。

クイズ

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク