学習者中心の教授法-コミュニカティブ・アプローチ、タスク中心の教授法、ナチュラル・アプローチまとめ




学習者中心の教授法-コミュニカティブ・アプローチ、タスク中心の教授法、ナチュラル・アプローチまとめ

学習者中心の教授法である、コミュニカティブ・アプローチタスク中心の教授法ナチュラル・アプローチのまとめです。

これらは日本語教育能力試験でよく出題されます。

「コミュニカティブ・アプローチ」

コミュニカティブ・アプローチは、1970年代初頭にヨーロッパから世界に広まった教授法です。オーディオリンガルメソッドの次に注目されるようになりました。

*オーディオリンガルメソッドは以下の記事が詳しいです。

オーディオリンガルメソッド(アーミーメソッド)は、日本語教育能力検定試験によく出題されます。 そこで、その概要や教え方などを紹...

それまでの教授法には、文法的に正確な文は作れるが実際のコミュニケーションは向上しないなどの欠点がありました。

「理論的基盤」

コミュニカティブ・アプローチの理論的基盤となったのは、ハリデー言語機能論ハイムズコミュニカティブ・コンピテンスです。

「学習目的・到達目標」

コミュニカティブ・アプローチの学習目的・到達目標は、コミュニケーション能力の向上、意思疎通ができるようになることです。

日本でも「コミュニケーション能力」という言葉は耳が痛いほど何度も聞きますね・・・。

また、これはウイルキンズの概念・機能シラバスの影響を受けています。

さらに、何を学習するかは学習者のニーズが尊重されるのも特徴です。

  • 「コミュニケーション能力の向上」
  • 「概念・機能シラバス」
  • 「学習者のニーズ」

「使用する教材」

コミュニカティブ・アプローチで使用する教材は、生教材(新聞記事やテレビのニュース)です。

  • 生教材(新聞記事やテレビのニュース)

「指導・練習法」

インフォメーションギャップ(情報差)、チョイス(選択権)、フィードバック(反応)に注目します。これは現実のコミュニケーションに含まれるものです。

具体的には、ロールプレイ、ディスカッション、プロジェクト・ワーク、などを行います。学習者の発想を生かした、現実に近い場面を想定した教室活動です。

  • インフォメーションギャップ(情報差)、チョイス(選択権)、フィードバック(反応)
  • ロールプレイ、ディスカッション、プロジェクト・ワーク

「利点と欠点」

利点は、学習者のニーズに合わせて学習でき、学習したことを現実のコミュニケーションでも活用しやすいことです。これはオーディオリンガル・メソッドの特徴とは反対です。

欠点は、言語知識の体系的な学習がしにくい、正確さが向上しない、です。

  • 学習者のニーズに合わせて学習できる
  • 現実のコミュニケーションでも活用しやすい
  • 言語知識の体系的な学習がしにくい
  • 正確さが向上しない

「タスク中心の教授法」

オーディオリンガル・メソッドは言語の形式を重視(フォーカス・オン・フォームズ)し、コミュニカティブ・アプローチは言語の意味を重視(フォーカス・オン・ミーニング)します。

一方、タスク中心の教授法は、オーディオリンガル・メソッドとコミュニカティブ・アプローチの利点を両方取り入れた教授法です。

そのため、タスク中心の教授法は言語の意味を中心に教授活動を行う一方で、言語形式にも注目します(フォーカス・オン・フォーム)

「学習目的・到達目標」

学習目的・到達目標は、課題遂行能力の向上です。

  • 課題遂行能力の向上

「使用教材」

使用教材は、タスク・シートがよく用いられるのが特徴です。

  • タスク・シート

「利点と欠点」

利点は、流暢さと正確さが両方学べます。つまり、コミュニケーション能力が向上し、なおかつ文法的な正確さも向上するということでしょう。

欠点は、言語を体系的に学習しにくいことです。

  • 流暢さと正確さが両方学べる。
  • 言語を体系的に学習しにくい。

「内容重視の教授法」

また、最近は内容重視の教授法である、内容言語統合型学習(CLIL)も注目されています。これはタスク中心の教授法に近いです。

この内容言語統合型学習(CLIL)の略語は「クリル」で、教科内容を非母語で学ぶことで、教科知識・語学力・思考力・コミュニケーション力を統合して育成する方法です。

「4つのC」が特徴です。

「ナチュラル・アプローチ」

ナチュラル・アプローチは、幼児の母語習得過程を参考にした、聴解優先の教授法です。テレルがクラッシェンのモニター理論を応用して生み出しました。

  • 幼児の母語習得過程
  • 聴解優先
  • テレル
  • クラッシェンのモニター理論

ナチュラル・アプローチは以下の記事が詳しいです。

日本語教育能力検定試験に出る、ナチュラルアプローチを紹介します。 ナチュラルアプローチは、1970年代後半から1980年代初頭にスティ...

「指導・練習法」

適切な難度のインプットを与え、簡単な内容の応答練習を行います。

具体的にイメージしにくいのですが、以下の記事などが参考になるかもしれません。

外国語教授法の、ナチュラルアプローチについて、知っている方教えてください。成果と、長所・短所について知りたいです。 - 英語 締切済 | 教えて!goo

「利点と欠点」

利点は、大量の理解可能なインプットを提供できること、緊張が少ないことです。欠点は、教師の発話が多くなる、チャレンジングな発話練習がないことです。

  • 大量の理解可能なインプットを提供
  • 緊張が少ない
  • 教師の発話が多い
  • チャレンジングな発話練習がない

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク