ナチュラルアプローチとは?




日本語教育能力検定試験に出る、ナチュラルアプローチを紹介します。

ナチュラルアプローチは、1970年代後半から1980年代初頭にスティーヴン・クラッシェン とトレイシー・テレルによって開発された言語教育の方法です。

教室での自然な言語の習得を目標とします。そのため、文法の勉強や間違いの訂正は重視しません。また、学習環境はできるだけストレスのないものにします。

学生は、大量で簡単な言語学習を行います。発話は強制されませんが、自然な発話が期待されます。

以下、簡単な紹介です。

ナチュラルアプローチの目的

ナチュラルアプローチは、コミュニケーション能力を身に付けることを目的とします。また、主に初心者が対象です。

ナチュラルアプローチの基本原則

テレルによると、ナチュラルアプローチには3つの基本原則があります。

  • コミュニケーションに焦点を当てる。
  • 発話を強制しない。徐々にできるようになるのを期待する。
  • 初期の発話は自然な段階で進む(はい/いいえ/無回答→一単語の回答→複数の単語→短い文章→完全な文章)。

教師の役割は?生徒の不安を少なくするなど

また、ナチュラルアプローチは、教師の役割も重要です。

教師は、生徒に面白くてわかりやすく教えます。生徒の不安をできるだけ少なくし、やる気を起こさせるような状況を教室内に作り出すことを目指します。

さらに、間違いの訂正や、ドリル、文法の学習は重視しません。

新しい文法よりも、幅広い語彙を教えます。

クラッシェンのモニター仮説との関係

テレルはもともと、特定の理論モデルに頼ることなくナチュラルアプローチを考えました。

しかし、その後クラッシェンと共同作業を行うようになり、ナチュラルアプローチがクラッシェンのモニター仮説の応用と見なされるようになりました。

クラッシェンのモニター仮説は以下の記事が詳しいです。

言語学者のクラッシェンは、第二言語習得で中心となる仮説を5つあげました。 それぞれ、1.「習得・学習仮説」、2.「自然順序仮説...

4つの教室活動

テレルは、語学習得(語学学習ではない)に適した4つの教室活動を提案しています。

1.「コンテンツ」

文化、主題、新しい情報、読み物などを使用した活動です。たとえば、教師は目標言語と現地の文化に関する興味深い逸話を語ります。

2.「ヒューマ二スティック」

生徒の意見や経験などを重視します。たとえば、学生に好みの音楽、住む場所、服、髪型などを話すよう求められます。

3.「ゲーム」

学習言語を使用してゲームを行います。

たとえば、質問をして答えを推測します。

A:それは服ですか?

B:はい。

A:それは男性用ですか、それとも女性用ですか?

B:男性用です。

A:それはズボンですか?

B:はい。

A:それは茶色ですか?

B:はい。

A:それはケンのズボンですか?

B:はい。

4.「問題解決」

問題を解決するために、学習言語を使用して情報を探します。

アメリカのスペイン語教師に人気があった

ナチュラルアプローチは、特にアメリカのスペイン語教師によく用いられていたようです。

まとめ

  • スティーヴン・クラッシェンとトレイシー・テレルによって開発された言語教育の方法
  • 教室での自然な言語習得とコミュニケーション能力を身に付けることが目標
  • 文法の学習や間違いの訂正は重視しない。
  • 学習環境はできるだけストレスのないものにする。
  • 発話を強制しない。自然な発話が期待される。

参考記事:Natural approach


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク