グライスの協調の原理とは?




バトンタッチイラスト

グライスの協調の原理は、イギリスの哲学者・言語学者のポール・グライス(Herbert Paul Grice)が提案した会話の原理です。

これは、会話を効率的に進めるために人が暗黙的に従う(または従うべきである)戒律のようなものです。この原理に従わないと、会話がうまくいかなくなります。

協調の原理には、質の原理、量の原理、関係性の原理、明確さの原理の4つがあります。

質の原理(Quality)

情報が正確であることです。

自分で間違っていると思うことや、証拠がないと思うことは言わないようにします。

量の原理(Quantity)

情報の量が適切であることです。

会話で求められている情報を言います。求められているものよりも多くの情報は言わないようにします。

以前、就活の面接での回答(今日はどうやってここまで来ましたか)が話題になりました。これは、量の原理に違反している(求められているよりも多くの情報)ので、多くの人が違和感を感じたのではないでしょうか・・・。

関係性の原理(Relation)

情報に関連性があることです。

明確さの原理(Manner)

情報が明確であることです。

あいまいな表現、多義的となりうる内容は言わないようにします。内容は簡潔にします。順序立てます。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

参考記事:The Cooperative Principle in Conversation / ポール・グライス

スポンサーリンク