日本語教師はやりがいがあるし、海外で働きたい人におすすめ




私は日本語教育能力検定試験に合格してすぐに日本語教師になりました。そして、現在も続いています。

そこで、日本語教師についての私の個人的な感想を紹介します。

日本語教師は「やりがい」がある仕事

日本語教師は「やりがい」があります。「やりがい」は「やりがい搾取」という言葉もあるように、一歩間違えると危険な言葉です。しかし、やはり仕事をする時にやりがいがない仕事よりはやりがいのある仕事のほうがいいのは間違いないでしょう。

私はこれまでいくつか仕事をしてきましたが、その中でも日本語教師という仕事は一番楽しいと感じています。仕事が退屈だと思っている人は日本語教師をおすすめします。

海外で仕事がしたい人にもおすすめ

また、海外で仕事がしたいという人にも日本語教師はおすすめです。特に、ベトナムやタイ、中国、台湾などでは日本語教師の募集が多いです。特別なスキルがなくてもすぐに仕事ができるという点でも良いと思います。

もちろん、日本語を教えるというのは簡単ではありません。日本人だったら誰でもできる仕事ではありません。これは日本語教師として働いてみるとよくわかります。日本語を外国語のように見ることが必要です。日本語についての勉強も相当必要だと思います。

しかしそれでも、他と比べると仕事を始めるハードルが低いのは間違いないでしょう。ただし、最低限の知識として日本語教育能力検定試験に合格する程度の知識は必要だと思います。

おそらく知識がなくても日本語教師になることは可能です。しかし、知識がないと教師になった後に苦労が多くなると思います。最悪生徒からクレームが出たり、上司や同僚の先生からの評価が悪くなる可能性もあります。特に、メンタルが弱い人は大変だと思います。メンタルが弱いと自覚のある人は、事前に入念な準備をしておきましょう。その点でも日本語教育能力検定試験に合格することはとても重要だと思います。

日本語教育能力検定試験は独学でも可能ですが、時間がかかりますし合格の保証もありません。しかも、試験は1年に一回だけです。そのため、すぐにでも合格したいという人は「<検定合格率57.4%>「NAFL日本語教師養成プログラム」」などを利用するのがおすすめです。

こちらを受講した人の平均合格率は50%以上です。通常の合格率は20%程度なので、こちらを受講すれば合格率はかなり高くなります。また、不合格の際の返金保証や、合格お祝い金などもあります。



スポンサーリンク