日本語教育能力検定試験に出題される「美化語」とは?




美化語(びかご)」は日本語教育能力検定試験に出題されます。たとえば、28年度の試験で出題されています。

そこで、美化語について簡単にまとめました。

「美化語とは?」

ものごとを美化する用語です。たとえば、「お水」や「ご飯」です。

美化語は、(1)「お」「ご」をつけるものと、(2)言葉自体を言い換えるものの2つがあります。

1.「「お」「ご」をつけた美化語」

名詞に「お」「ご」をつけます。「お」は漢語に、「ご」は和語につきやすいです。また、外来語にはつきません(例外あり)

  • お水
  • お魚
  • お酒
  • ご飯
  • ご本
  • ご気分

2.「言葉自体を言い換える美化語」

言葉自体を言い換える美化語もあります。

たとえば、「便所」を「お手洗い」と言い換えることで、ものごとを美化します。

  • お手洗い(便所)
  • ごはん(めし)
  • おひや(みず)
  • おなか(腹)

尊敬語・謙譲語との区別を注意

「お」と「ご」は、尊敬語・謙譲語でも使われます。美化語とは違うので、注意しましょう。

相手が話者よりも上位で、相手を高める意味で用いられるときは、尊敬語・謙譲語です。

たとえば、「恩師からいただいたお手紙」は尊敬語ですが、「友だちにお手紙を書きましょう」は美化語です。

  • 恩師からいただいた手紙尊敬語
  • 友だちに手紙を書きましょう美化語

試験では、この尊敬語・謙譲語と美化語を区別する問題が出題されます。

これは文脈を読んで判断するしかないと思います。

スポンサーリンク