日本語教育能力検定試験にも出題される、「重箱読み」とは?




日本語教育能力検定試験では、「重箱読み(じゅうばこよみ)」についての問題が出ることがあります。中学校の国語で勉強するようですが、忘れてしまった人も多いと思います。

そこで、重箱読みを簡単に紹介します。

1.「重箱読みとは?」

前が音読み(おんよみ)で、後が訓読み(くんよみ)の熟語です。

漢字の熟語は、音読み+音読みと訓読み+訓読みで読むことが多いです。そのため、重箱読みは例外的な読み方です。

たとえば、「重箱(ジュウばこ)」は、「重(ジュウ)」が音読みで、「箱(ばこ)」が訓読みです。

ほかに、「縁組 (エンぐみ)」や「献立 (コンだて) 」などがあります。

以下、重箱読みの例です。

  • 重箱(ジュウばこ)
  • 縁組 (エンぐみ) 
  • 献立 (コンだて) 
  • 台所(ダイどころ)
  • 額縁(ガクぶち)
  • 客間(キャクま)
  • 金星(キンぼし)
  • 残高(ザンだか)
  • 桟橋(サンばし)
  • 雑木(ゾウき)

2.「湯桶読み(ゆとうよみ)とは?」

また、逆に前が訓読み(くんよみ)で、後が音読み(おんよみ)の熟語は「湯桶読み(ゆとうよみ)」です。

たとえば、「朝晩(あさバン)」は、朝(あさ)が訓読みで、晩(バン)は音読みです。

湯桶読みの例は以下です。

  • 朝晩(あさバン)
  • 雨具(あまグ)
  • 豚肉(ぶたニク)
  • 鶏肉(とりニク)
  • 油絵(あぶらエ)
  • 場所(ばショ)
  • 見本(みホン)
  • 敷金(しきキン)

重箱読みと湯桶読みの見分け方は?

それでは、重箱読みと湯桶読みの見分け方はあるのでしょうか?

これは、音読みと訓読みを理解していないと難しそうです。そこで、音読みの特徴を紹介します。

「音読みの特徴」

音読みは、昔の中国の発音に由来する読み方です。その一方で、訓読みは日本の読み方です。

以下、音読みの特徴を紹介します。

1.「聞いただけでは意味がわからない」

草という漢字は、音読みが「ソウ」で、訓読みが「くさ」です。

訓読みの「くさ」は聞いただけで意味がわかります。しかし、音読みの「ソウ」は聞いただけでは意味がわかりません。

聞いて意味がわかれば訓読み、意味がわからなければ音読みです。

2.「2文字目が「イ」「ウ」「ツ」「ク」「チ」「キ」「ン」のどれか」

音読みは、2文字目が必ず「イ」「ウ」「ツ」「ク」「チ」「キ」「ン」のどれかになるようです。

『大漢和辞典』を発行する大修館書店が、漢字・漢詩漢文などに関する情報を提供するサイト。

たとえば、先ほど紹介した重箱読みの例を見てみると、音読みの部分は2文字目がすべて「イ」「ウ」「ツ」「ク」「チ」「キ」「ン」のどれかになっています。

  • 重箱(ジュウばこ)→ジュ
  • 縁組 (エンぐみ) →エ
  • 献立 (コンだて) →コ
  • 台所(ダイどころ)→ダ
  • 額縁(ガクぶち)→ガ
  • 客間(キャクま)→キャ
  • 金星(キンぼし)→キ
  • 残高(ザンだか)→ザ
  • 桟橋(サンばし)→サ
  • 雑木(ゾウき)→ゾ

特に、「ン」で終わるものは、音読みであることが多いようです。

ほかに、2文字目が小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」で終わるのも音読みです。

*ただし、訓読みにも2文字目が同じ言葉で終わるものがあるので、注意が必要です。

以上の点からある程度見分けることができるかもしれません。

重箱読みと湯桶読みのまとめ

重箱読み(じゅうばこよみ) 湯桶読み(ゆとうよみ)
意味 音読み+訓読み 訓読み+音読み
  • 重箱(ジュウばこ)
  • 縁組 (エンぐみ) 
  • 献立 (コンだて) 
  • 台所(ダイどころ)
  • 額縁(ガクぶち)
  • 客間(キャクま)
  • 金星(キンぼし)
  • 残高(ザンだか)
  • 桟橋(サンばし)
  • 雑木(ゾウき)
  • 朝晩(あさバン)
  • 雨具(あまグ)
  • 豚肉(ぶたニク)
  • 鶏肉(とりニク)
  • 油絵(あぶらエ)
  • 場所(ばショ)
  • 見本(みホン)
  • 敷金(しきキン)

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク