日本語の「なん」と「なに」の違いは?

日本語の「なん」と「なに」の違いは?

「なん」と「なに」はともに英語でwhatの意味です。

どんなときに「なん」を使い、どんなときに「なに」を使うのでしょうか?

そこで、「なん」と「なに」の違いを簡単に紹介します。

スポンサーリンク

1.後ろに「です」が来るときは「なん」

これは なん です か?」など、後ろに「です」が来るときは「なんを用います。

なんです

なにです

2.後ろにな行、だ行、た行(n、d、t)が来るときは「なん」

後ろに な行、だ行、た行(n、d、t)が来るときは「なん」を用います。

  • これは なん の(n) 映画?
  • これは なん で(d) すか?
  • これは なん と(t) 言いますか?

3.「なに」は「どんな(もの)?」、「なん」は「いくつ?」

「なに」は「どんな(もの)」を意味し、「なん」は「いくつ(数)」を意味します。

「何色」は「どんな色」を意味する場合は「なにいろ」、「いくつの色(色の数)」を意味する場合は「なんしょく」です。

  • なに いろ(何色)=どんな色→(赤、黒、黄色・・・)
  • なん しょく(何色)=いくつの色(色の数)→(2色、3色、4色・・・)

まとめ

以上です。試験にはあまり出ないと思いますが、気になったので調べてみました。

  • 後ろに「です」が来るときは「なん」
  • 後ろにな行、だ行、た行(n、d、t)が来るときは「なん」
  • 「なに」は「どんな(もの)?」、「なん」は「いくつ?」


使える日本語文法ガイドブック—やさしい日本語で教室と文法をつなぐ

タイトルとURLをコピーしました