国家資格の「公認日本語教師」が創設確実に・・・日本語教育能力検定試験の合格が必須




国家資格「公認日本語教師」(仮称)が2020年度以降に創設される見通しとなりました。

外国人らに日本語を教える国家資格「公認日本語教師」(仮称)が2020年度以降に創設される見通しとなった。国の文化審議会の小委員会が14日にも報告書案をまとめる。日本語教育能力の試験に合格し、教育実習を

国家資格ができることで、日本語教師の地位向上が望めますね。

登録要件の一つが「日本語教育能力検定試験に合格」

この資格を取得するための登録要件は3つあり、その中の一つが「日本語教育能力検定試験に合格」です。ほかの2つは、学士と教育実習です。

そのため、日本語教育能力検定試験は今後さらに重要なものになると思います。いわば国家試験になると言ってよいでしょう。

試験は年に一回しかないため、通信講座の「<検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」」なども利用して、できるだけ早く確実に合格するのをおすすめします。

スポンサーリンク