「取り立て」のまとめ




「取り立て助詞」は、文中のある語句を際立たせたりそれ以外のものを暗示させる効果があります。

たとえば、「野菜 食べる」と取り立て助詞の「も」を使うと、野菜だけでなく、野菜以外のもの(肉など)も食べる意味になります。

  • 野菜 を 食べる(野菜を食べる)
  • 野菜 食べる(野菜だけでなく野菜以外のもの(肉など)も食べる)

取り立て助詞には、も、さえ、でも、だけ、ばかり、しか、など、くらい等があります。

取り立て助詞

取り立て助詞「」は、「複数(並列)」「意外」「量が多い」「やわらげ」を表します。

  • 野菜 食べなさい(複数(並列))
  • インド人 びっくり(意外)
  • お客さんが100人 来た(量が多い)
  • 暮れ 押し迫ってまいりました(やわらげ)

さえ

取り立て助詞「さえ」は、「極端(ふつう起きないことが起きる)」「十分(ことがらを成り立たせる最低限のもの)」を表します。

  • この不況で大企業 さえ 倒産するかもしれない(極端(ふつう起きないことが起きる))
  • さえ あればそれでいい(十分(ことがらを成り立たせる最低限のもの))

でも

取り立て助詞「でも」は、「例示」「ことがらを成立させる最低限のもの」「極端」を表します。

  • コーヒー でも 飲みませんか?(例示)
  • はんこがなければ、サイン でも かまいません。(ことがらを成立させる最低限のもの)
  • そんなことは子ども でも できるよ(極端)

ばかり

取り立て助詞「ばかり」は「量や回数が多いことを表します。

  • 彼は勉強せずにゲーム ばかり している。

だけ、しか

取り立て助詞「だけ」「しか」限定を表します。

「しか」「ない」と結びつき、否定的な文で使います。

  • だけ 無料!
  • 昨日は仕事が忙しくて3時間 しか 寝れなかった。

など、くらい

取り立て助詞「など」「くらい」は、「それ以外のものを暗示する(その中で最低限である)」表現です。

  • 英語 くらい できて当たり前(他のいろいろなものを暗示してその中で最低限であることを表現)

「など」と「くらい」は置き換え可能ですが、文によって置き換えられない場合もあります。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク