「取り立て」のまとめ

「取り立て助詞」は、文中のある語句を際立たせたりそれ以外のものを暗示させる効果があります。

たとえば、「野菜 食べる」と取り立て助詞の「も」を使うと、野菜だけでなく、野菜以外のもの(肉など)も食べる意味になります。

  • 野菜 を 食べる(野菜を食べる)
  • 野菜 食べる(野菜だけでなく野菜以外のもの(肉など)も食べる)

取り立て助詞には、も、さえ、でも、だけ、ばかり、しか、など、くらい等があります。

スポンサーリンク

取り立て助詞

取り立て助詞「」は、「複数(並列)」「意外」「量が多い」「やわらげ」を表します。

  • 野菜 食べなさい(複数(並列))
  • インド人 びっくり(意外)
  • お客さんが100人 来た(量が多い)
  • 暮れ 押し迫ってまいりました(やわらげ)

さえ

取り立て助詞「さえ」は、「極端(ふつう起きないことが起きる)」「十分(ことがらを成り立たせる最低限のもの)」を表します。

  • この不況で大企業 さえ 倒産するかもしれない(極端(ふつう起きないことが起きる))
  • さえ あればそれでいい(十分(ことがらを成り立たせる最低限のもの))

でも

取り立て助詞「でも」は、「例示」「ことがらを成立させる最低限のもの」「極端」を表します。

  • コーヒー でも 飲みませんか?(例示)
  • はんこがなければ、サイン でも かまいません。(ことがらを成立させる最低限のもの)
  • そんなことは子ども でも できるよ(極端)

ばかり

取り立て助詞「ばかり」は「量や回数が多いことを表します。

  • 彼は勉強せずにゲーム ばかり している。

だけ、しか

取り立て助詞「だけ」「しか」限定を表します。

「しか」「ない」と結びつき、否定的な文で使います。

  • だけ 無料!
  • 昨日は仕事が忙しくて3時間 しか 寝れなかった。

など、くらい

取り立て助詞「など」「くらい」は、「それ以外のものを暗示する(その中で最低限である)」表現です。

  • 英語 くらい できて当たり前(他のいろいろなものを暗示してその中で最低限であることを表現)

「など」と「くらい」は置き換え可能ですが、文によって置き換えられない場合もあります。


改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集

【アルク】NAFL日本語教師養成プログラム

開講30年、累計受講者数8万人という業界一の実績があり、講座を終了した人の検定合格率が66.3%を誇る通信講座です。

分からないことを学習コーチに質問したり、学習の進捗状況を管理できるウェブシステムなど、「続けられるか心配……」という不安を取り除くオンラインの学習サポートが充実しています。また、検定試験の対策などのセミナーを年に数回開催していますので、NAFLのテキストを執筆した講師の講義を直接聴くこともできます。

さらに、受講生だけの特典として、検定合格後の就職を見据えた就職サポートセミナーを開催しています。求人情報の収集方法、面接対策など、他にはない日本語教師として就職することに特化したセミナーです。

【ヒューマンアカデミー 】日本語教育能力検定試験 完全合格講座

日本語教育能力検定試験2,706名を合格に導いたノウハウが自宅で学べる通信講座です。DVDやeラーニングで勉強できるので、独学が苦手な人にもおすすめです。

【ユーキャン】日本語教師養成講座

「日本語教育能力検定試験」の合格がムリなく目指せるカリキュラムを用意。

リーズナブルな費用で検定合格が狙える講座です。

言語一般
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

日本語教育能力検定試験まとめ
タイトルとURLをコピーしました